川井初江(川井梨紗子の母親)のレスリング経歴や教育方法、家族(夫・娘)は?

こんにちは、ぽこぱぱです。

我が家の娘は生まれたときから筋肉が

しっかりしており、反りも強かったので

将来はレスリングでもするのかしらと

夫婦で話しています。

11月13日の「中居正広の身になる図書館」

ではリオ五輪レスリング金メダリストの

川井梨沙子選手のお母さんの河井初江さんが

出演されて教育方法について話されるそうで。

これは気になる、と思ったので、初江さんの

教育方法や経歴などについて、色々と

調べていきたいと思います。

スポンサードリンク

川井初江(かわいはつえ)のWiki経歴・プロフィール

  • 名前:川井初江(かわいはつえ)
  • 旧姓:小滝初江(こだきはつえ)
  • 年齢:47歳
  • 出身:石川県

レスリング金メダリスト川井梨沙子選手の

お母さんの川井初江さん。元々初江さんも

レスリングの選手でした。1989年の

世界選手権には7位という結果もお持ちで

かつての第一人者でした。

1980年代から90年代前半のレスリングの

初期に活躍し、日本の女子レスリングの

基礎を築いた功労者で、女子レスリングは

当時オリンピックの正式種目ではなかった

のですが、1992年に正式種目になるという

話がありそれに向けて頑張っていました。

地元石川で金沢ジュニアでレスリングの

コーチを務めていますが、元々コーチを

やっていたわけではなく、保護者として

クラブに出入りしていたのですが、選手

時代の血が騒いで参加することになった

そうです。生粋のアスリートですね(笑)

自身は志半ばでレスリングの第一線を

退いたのですが、子供達を指導し同じような

思いをさせないように導いています。

スポンサードリンク

川井梨沙子の父親もレスリング選手の川井孝人

初江さんは1992年10月に石川県で

養護学校教員をされていた孝人さんと

結婚をされています。孝人さんも

レスリング選手をされていました。

1989年グレコローマン74キロ級で

学生二冠王に輝いており、現在は地元の

石川県高校体育連盟レスリング部の

委員長を務めています。

川井梨沙子の妹もレスリング選手でレスリング一家

川井梨沙子さんには妹さんがいます。

妹の友香子さんもレスリングをされており、

2015年に行われた日本選手権では

決勝戦を姉妹対戦しています。

お姉さんの梨沙子さんと同じく志学館に

進学しており、東京オリンピックには

階級を姉の梨沙子さんとは変えて

出場を狙ってくるでしょうね。

3女の優梨子さんもレスリングをされており

こちらもどんどん力を伸ばしているんだとか。

2020年の東京オリンピックでは川井姉妹で

レスリングを席巻する、なんてことが

あるかもしれませんね。

スポンサードリンク

川井初江の教育方法は?

レスリング夫婦の初江さん、孝人さん夫婦。

初江さんは金沢ジュニアクラブのコーチを

されて梨沙子さんたちを指導しましたが

元々はコーチをしておらず、子供達が

レスリングを始めたのをきっかけにコーチを

始めたようですね。

元々梨沙子さんがレスリングを始めたのは

孝人さんが「やってみる?」と軽く

聞いたのがきっかけでしたが、本格的に

英才教育を施したのは初江さんです。

「攻めるレスリング」を徹底して教え、

梨沙子さんには特別厳しくしたんだとか。

競合至学館に進学したいと中学生の時には

梨沙子さんに覚悟を持つように諭しました。

辛くなったら帰ってこいなんていわない。

覚悟を持っていきなさい。先輩を食って

行きなさい。一人ひとり食っていかないと

上にはいけないよ

「普通の」中学2年生の娘さんに言うような

言葉だったとは思えませんが、本気の

梨沙子さんだったからこその檄だったの

だろうと思います。

スポンサードリンク

まとめ

レスリングのオリンピック金メダリストの

川井梨沙子選手のお母さんの川井初江さんに

ついて、経歴など色々と調べてみました。

梨沙子さんが実家を離れる際には

お礼のメールを貰って涙が止まらなかった

という初江さん。母とコーチを両立させる

のは大変だっただろうと思います。

11月13日の「中居正広の身になる図書館」

ではその子育て方法について色々と

お話されるようなので楽しみですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする