川原俊夫(ふくや明太子)の経歴・学歴や結婚(嫁・子供)、年収や通販お取り寄せは?【アンビリバボー】

こんにちは、ぽこぱぱです。

ほかほかご飯のお伴に最適なもの。

いくつかありますが個人的には

「明太子」はかなり上位に来ます。

明太子といえば福岡ですが、そんな

福岡の明太子メーカー「ふくや」を

立ち上げた川原俊夫(かわはらとしお)

さんについて、5月31日放送の

「アンビリバボー」で取り上げるそうで。

一体どんな方だったのか。

明太子の「ふくや」誕生エピソード等

いろいろと見ていきたいと思います。

川原俊夫(かわはらとしお)のWiki経歴・プロフィール

  • 名前:川原俊夫
  • 生年月日:1913年1月25日
  • 没年:1980年7月17日(享年:67)
  • 出身:釜山市
  • 学歴:釜山公立中学校

「ふくや」創業者の川原俊夫さん。

1913年に川原宇次郎さんとトヨさんの

二男として釜山市で誕生されています。

元々は現在の筑前町出身の川原家は、

明治後期に釜山に渡って「川原回漕店」

という商店を開き、海運業を行うかたわら

現地の日本人向けに海産物や缶詰などの

販売を行っていました。

釜山公立中学校を卒業し、1930年に

満州の電力会社に入社。1936年には

田中千鶴子さんと結婚されています。

田中家は同じ福岡県出身だったことから

両家は仲良しだったそうです。

その後先の大戦が始まり、1944年には

陸軍に消臭され、宮古諸島の伊良部島に

配属され、1945年には宮古島で終戦を

迎えました。苛烈を極めた沖縄戦で

生き残った経験はこの後川原さんの

行動にも大きく影響してきます。

ふくや創業 メンタイから明太子へ

終戦後、川原さんは沖縄から福岡へ。

妻の千鶴子さんたちも満州から福岡に

たどり着き、再会を果たします。

しばらくはお兄さんたちと生活をしていた

ようですが、1948年に中洲市場に移住し

店舗向けに食料品を売る卸商店である

「ふくや」を開業しました。

商品を卸す以外に目玉になる商品を

開発しようとの思い、考えついたのは

本場韓国のメンタイを作ることでした。

韓国で生まれ育った夫婦にとって、

メンタイは思い出の味だったのです。

記憶を頼りにメンタイを作っては

店に並べましたが、客の評判は悪く、

全く売れず。従業員からも「道楽」と

言われることもあったとか。

結局、完成するには十年近くかかり、

10周年を迎えた1957年についに

「味の明太子」が発売されました。

ふくやの明太子とは

10年という年月をかけて完成した

辛子明太子。少しずつ知名度を高めていき

小料理屋で出されるようになるとサ

ラリーマンなどを通じて県外にも評判が

広まっていきました。

発売当時は現在のように冷蔵・冷凍設備が

なかったため、塩分を高めに作られており

塩辛くないように薄くご飯に伸ばすように

のせて食べていたそうです。

1960年台には大阪ので評判となり、

大量に注文を受け、2トントラックに

明太子を積んで運んだこともあったとか。

その後も交通インフラの発達とともに

明太子は全国へと広がりました。

もともと朝鮮のメンタイですが、

川原さんが開発した明太子の特徴は、

調味液に漬け込む方式にしたことで、

新しい味となりました。

また、商標登録も製法特許も取らず、

同業者に広くレシピを公開しました。

業者が生まれ明太子産業は発展します。

これは沖縄戦で生き残った命を

自分自身のためではなく国の復興のため、

社会のために使いたい。明太子が町の

名物になれば、という思いからの

行動でした。

川原俊夫の妻の川原千鶴子や子供・子孫は?

川原俊夫さんと結婚された千鶴子さん。

なんと100メートル走で朝鮮全土の

女子最速記録をだし、アムステルダム

オリンピックメダリストから日本体育大学へ

推薦を打診された事もあったとか。

また、千鶴子さんご実家の田中家は

「釜山物産組」という海運会社を

営んでおり、ふくや開業も千鶴子さんの

提案からのスタートだったようです。

明太子の開発も千鶴子さんが懐かしんで

もう一度メンタイを食べたいな、と

口にしており、千鶴子さんのためにも

俊夫さんは頑張って開発を行いました。

ちなみにふくやの現在の社長さんは

俊夫さんと千鶴子さんの間に生まれた

川原正孝さんが務められています。

また、ラーメン「なんでんかんでん」の

川原ひろしさんは俊夫さんのお兄さんの

お孫さんなんだとか。

川原俊夫・川原正孝の収入・年収は?

福岡名物の明太子という名産品というより

カルチャーを作ったとも言える川原さん。

お父さんの俊夫さんは明太子という

名物を作りましたが、営業規模としては

数店舗程度だったそうです。

現在の正孝社長入社後、物流や増産、

通販など様々な改革を行っていき

全国規模の会社に成長していきました。

明太子以外の製品も開発・販売などを

行っていったようですね。

父の俊夫さんについては明太子のレシピを

独り占めにしなかったエピソードなどから

考えるに滅私な方のようですので、

お金お金という感じではなかったでしょう。

中洲まつりを始めたり、博多おくんちを

復活させたり、博多川の水質改善に

乗りだしたり、であい橋の設置計画に

参画したりと幅広く社会貢献に取り組み、

寄付も好んだとのことです。

そして、その精神は息子さんにも

引き継がれているようですので、

社会貢献など幅広くされているようですね。

ちなみに一般的に会社社長の平均の

年収は3000万円程度とのことです。

まとめ

福岡名物「明太子」の生みの親である

ふくや創業者の川原俊夫さんについて

いろいろと調べてみました。

朝鮮で生まれ育った川原さん夫婦。

終戦後に福岡で故郷の味をもとに作った

明太子は今や福岡の代名詞となりましたが

そこには妻に食べさせたいと思う気持ちと

地域貢献への思いがあったのですね。

こうして現在ご飯のお供の強力な一角を

創り上げた川原俊夫さん。その思いに

感謝しつつほかほかご飯に明太子を

のせて食べたいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする