河内鴨(ツムラ本店)の通販お取り寄せや味の口コミは?【青空レストラン】

こんにちは、ぽこぱぱです。

鴨肉はお好きですか?私は好きです。

和食でもフレンチでもいいなあ。。。

純粋な鴨も、合鴨もどっちも好きです。

11月18日放送の「青空レストラン」では

大阪の河内鴨(かわちがも)が取り上げられ

松原市の老舗鴨肉店の「ツムラ本店」が

取り上げられます。

鮮度と品質で関西の料理人から高い評価を

受ける「ツムラ本店」の河内鴨。

一体どんな味なんでしょうかね。

スポンサードリンク

河内鴨(かわちがも)とは?

鴨の一大生産地大阪。その大阪の城東地区

から松原市にかけての湿地帯が鴨生産の

中心となるのですが、そこで生産された鴨が

「河内鴨」と呼ばれます。

その歴史は古く、鴨肉を愛好していた

豊臣秀吉が美味しい鴨の生産を推進した

ことでこの地域の鴨生産は栄えました。

河内「鴨」という名前ですが、合鴨です。

鴨とアヒルをかけ合わせたもので、

米の生産で「合鴨農法」などに使うことも

あるものですね。

ツムラ本店の鴨肉はアヒルとマガモを

交配させてからもう一度カルガモと

交配させたもののようで、鮮度も抜群。

関西ではウナギとともに夏場のスタミナ食

として親しまれています。

スポンサードリンク

鴨肉ツムラ本店とは?

大阪府松原市にある河内鴨を扱っている

鴨肉専門店です。明治時代からの伝統の

ある老舗で、ヒナの孵化から飼育、加工、

卸、販売まで一貫して行っています。

飼育管理は徹底されており、ヒナに与える

えさは無農薬飼料で、病気予防のための

抗生物質などは使いません。2割程度は

死んでしまうようですが、薬は使わない、

というこだわりがあるようです。

飼育期間は75日と一般の50日より長く、

筋肉が締まり、適度に水分が保たれた

コクのある味になっており、その味は

料理人からもお客さんからも絶賛。

解体作業は朝4時から。「朝びき」のため

鮮度は抜群で生食を可能にしています。

販売エリアは鴨の扱いが確認できるよう

近畿圏に限っています。

社長の津村佳彦さんは週3回は河内鴨を扱う

レストランに自ら足を運び、その店の料理を

食べてその味に見合う肉を提供するように

日々河内鴨と向き合っています。

スポンサードリンク

河内鴨の通販お取り寄せは?

関西圏の方であればツムラ本店が

河内鴨を卸しているお店に食べに行けば

その味を堪能できると思いますが、

そうではない地域の方はなかなか

行くことは難しいですね。

楽天などの通販サイトでも僅かですが

取り扱いはあるようですので、これから

年末にかけてちょっとしたパーティー等に

お持たせとして持っていくのもありかな、

と思いました。

ちなみにふるさと納税でもこちらの

河内鴨がお礼としてもらえるそうです。

枠が余っているのでこちらで買おうかな。

スポンサードリンク

河内鴨が「青空レストラン」に登場!メニューやレシピは?

11月18日放送の「青空レストラン」で

河内鴨が取り上げられます。

メニューは

  • 鴨ロース炙り
  • 鴨ネギ天ぷら
  • 鴨南蛮のにゅうめん
  • 豪快丸焼き

予告を見る限り凄くジューシーですね。

鴨の脂って流れやすいから落ち着かせてから

食べるのが良いと思っていましたが、

丸焼きも美味しそうです。

まとめ

11月18日放送の「青空レストラン」で

紹介される「河内鴨」とそれを扱う

「ツムラ本店」について調べてみました。

鴨肉よりも癖が少なく食べやすい合鴨。

ロースを炙ったり、鴨ネギをのせた

鴨南蛮にしようものならたまりませんね。

これは興味大なので注文せざるを得ない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする