柿木道子は今現在くいだおれ太郎マネージャー?仕事や年収、講演会や家族(夫・子ども)は?

こんにちは、ぽこぱぱです。

大阪といえばなんでしょうか?

私が学生の時に初めて友達と大阪に

行った時には色々回りました。

新世界はなかなかでしたねぇ。

数年前に行ったら随分綺麗でしたが。

さて、かつて大阪道頓堀の象徴ともいえる

「くいだおれ人形」(くいだおれ太郎)

を置いていた「くいだおれ」という

飲食店がありました。

残念ながらその店舗は2008年に

閉店してしましましたが、

そんなくいだおれ人形を超有名にした

敏腕女将、柿木道子さんについて

今回は取り上げたいと思います。

スポンサードリンク

柿木道子(かきのきみちこ)の経歴・プロフィール

  • 名前:柿木道子(かきのきみちこ)
  • 生年月日:不明
  • 年齢:76歳(77歳?)
  • 出身:大阪府
  • 学歴:神戸甲南大学
  • 職業:株式会社くいだおれ 取締役会長

名物女将だった柿木さん、道頓堀に

「大阪名物くいだおれ」を創業した

山田六郎さんの次女です。

柿木さんも神戸甲南大学卒業後には

くいだおれに入社しています。

一年後に結婚し寿退社。

しばらくは主婦として過ごしますが、

1983年にお父様の希望で復帰します。

専務として経営全般をこなしながら、

女将として接客に力を注ぎました。

「お客様の立場に立ったサービス」を徹底し、

様々なアイデアを出してお客様を

よろこばせてきました。

ユニークなアイデアでお客を呼び込み、

中でも「たこ焼き教室」は、市営観光バスの

コースに指定され、大人気となりました。

くいだおれ人形と映る姿をテレビや画像で

見た事がある人も多いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

くいだおれ閉店

冒頭書きましたが、くいだおれ人形が

店頭に有った「くいだおれ」は、

老朽化や周囲の環境に伴い閉店をしています。

創業者の父の遺書には、

  • 家族経営で経営
  • 支店を出さない
  • 看板人形を大切に

と書かれていたとか。

実際道子さんは兄の社長を支え、

くいだおれ太郎を前面に押し出し、

大阪といえばくいだおれ人形

というくらい浸透していました。

営業最終日にはお客さんが押し寄せ、

多くの人に惜しまれながらの閉店でした。

女将の道子さんは「大阪名物くいだおれは

日本一幸せな店でございました」と言い、

59年の歴史に幕を下ろしました。

ちなみに「くいだおれ太郎」は、

道頓堀のシンボルとして活躍を続けています。

中座くいだおれビルで記念撮影が出来ますよ。

スポンサードリンク

柿木道子は現在くいだおれ太郎のマネージャー

くいだおれ閉店時、マスコミはこぞって

看板人形の「くいだおれ太郎」の

去就(笑)に注目しました。

阪神タイガースや通天閣に始まり、

吉本興業など大小様々な企業から

見受けのオファーが殺到しました。

その注目を活かして、株式会社くいだおれは

飲食店経営から路線をシフトし、

マスコットキャラクターの

「くいだおれ太郎」のマネジメントを行う

会社となりました。

太郎カンパニーというタレント事務所を興し、

くいだおれ太郎を所属タレントとして起用。

道子さんはその看板スターのくいだおれ太郎の

マネージャー兼くいだおれの取締役会長を

されています。

その圧倒的な知名度は今でも強力で、

  • 大阪の日産のイメージキャラクター
  • ファンタ(コカ・コーラ)のCM起用
  • 近畿圏のACジャパンのCM起用
  • ネオファースト生命保険のCM起用

などなど、ビッグコンテンツに取り上げられ

忙しくしているようです。

ちなみにACジャパンのCMには道子さんも

くいだおれ太郎の母親として登場しています。

スポンサードリンク

柿木道子は講演会も!内容は?

道子さんはくいだおれ太郎のマネージメント

業務だけでなく、くいだおれの経営や接客で

培った経験を話す講演も行なっています。

テーマは「おもてなしの心」だそうです。

道子さんの原点であるお客様目線での接客。

それはお客様が楽しんでもらうことをいかに

考えるか、つまり「おもてなしの心」を

持つことが大切になっています。

自分自身だけが楽しむのでなく、お客様から

お金をいただくには、お客様の役に立ち、

喜ばせなければいけない、というような

ことをお話されるのだそうです。

常にお客様目線だからこそ、皆に喜ばれる

ようなアイデアがでてくるのでしょうね。

それは現在のくいだおれ太郎のマネジメントにも

つながっていることと思います。

スポンサードリンク

柿木道子の年収や家族は?

柿木道子さんは現在くいだおれの会長職です。

また、講演も行っていますね。

会長職の年収って想像できませんね。

平均が3693万円だそうです。スゲー。

講演は1本20万円くらいでしょうか。

そう考えると数千万クラスですね。

スゲー。

ちなみに道子さんの旦那様やお子様は、

有無も含めて情報は見つかりませんでした。

まとめ

かつてくいだおれ人形を前面に出していた

飲食店ビルの女将、柿木道子さんについて

色々と調べてみました。

現在はくいだおれ太郎のマネジメントと、

講演を行っているようです。

常にお客様に喜んでもらえるように

お客様目線で経営を行ってきた

柿木道子さん。

相手のことを思うからこそ、ユニークな

アイデアも生まれてくるのでしょうね。

これからもおもてなしの心で

経営や後進育成を行って欲しいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする