ジムニコルソン(CIA)と子供ネイサンがスパイになった理由や経緯は?【ニコルソン父子事件】

こんにちは、ぽこぱぱです。

先日しくじり先生を見ていたらモデルの

アンミカさんがかつて付き合っていた

男性がスパイだったという話をしていました。

…いやいや。いるのかいなスパイ。

と思ったのですが、普通にいるみたいですね。

日本はスパイ防止法がないために

スパイ天国と聞いたこともあります。

さて、今回取り上げるのはかつて

CIAの幹部だったジムニコルソンという

諜報員がロシアのスパイになり、

息子までがスパイになったお話です。

一体どんな事件だったのでしょうか。

スポンサードリンク

ジム・ニコルソン(CIA)の経歴・プロフィール

  • 名前:ジム・ニコルソン
  • 本名:ハロルド・ジェームス・ニコルソン(Harold James “Jim” Nicholson)
  • 出身:オレゴン州

ジムニコルソンは29歳まで陸軍に所属して

いましたが退役、米軍諜報部隊の船長を

CIAにリクルートをはじめました。

何でも007のジェームズ・ボンドに憧れて

いたとか。軽めの理由ですねー。

1980年に念願叶ってCIAに所属となります。

ちなみにその頃は他のメーカーで働いて

いました。最初の配属先はマニラで

アキノ氏暗殺の抗議デモに紛れ、反米分子の

情報を探っていました。

その後はバンコク、東京、ルーマニア、

マレーシアなど世界を股にかけた諜報活動を

進めていきます。1994年からはCIAの

トレーニングセンターのインストラクターとなり、

1996年からはCIA本部でカウンターテロの

支部長に就任します。

そんな世界を股にかけた諜報員のジム、

責任ある幹部役員にまでなりましたが、

ロシアの二重スパイとして逮捕されることに

なります。

スポンサードリンク

ジムニコルソンがロシアの二重スパイになった経緯や理由は?

なぜ敏腕諜報員のジムが敵国ロシアの二重に

なってしまったのでしょうか。元々最初の

任務のマニラでソ連の関係者と直接接触をして

いたそうで、その時にパイプが出来たのでしょう。

1994年にマレーシアのクアラルンプールで

副支局長局長を勤めていたときにロシアの諜報員の

ユーリー・P・ヴラソフと対話を目的として

開かれた会談で対面しました。そこで金銭目的で

二重スパイを志願したとのことです。

金額は2万5000ドル。300万円くらいでしょうか。

「2万5000ドルが必要なんだ」と言ったジムの

言葉にヴラソフは「何の問題もない」と答えた

そうです。そうしてジムはお金欲しさに母国の

アメリカを裏切り、ロシアに情報を売り渡す

売国行為に手を染めていったのです。

もちろん最初は軽めの情報からだったでしょうが

その後CIAのトレセンのインストラクターになった

ジムが得られる情報は黄金の価値を持っていた

ことでしょう。なにせ諜報員のリストが手に入るの

ですから。

スポンサードリンク

ジムニコルソンがお金が必要になった理由は妻と子供?

ではなぜジムは背信行為をしてまでお金を

欲しがったのでしょうか。それはジムの家庭に

起因します。ジムは結婚をしており、妻ローラ、

長男ジェレミ、長女スター、次男ネイサンの

家族がいましたが、家庭生活は破綻していました。

ジムは情報収集のために夜の街に毎日のように

繰り出し、愛人を作っていたとか。

妻のローラも当てつけのように出入りしていた

獣医と関係を持ったそうです。

夫婦がお互いに不貞行為を行い、家庭は崩壊へ。

1997年に離婚の手続きを進めますがさらに

泥沼の離婚調停が始まります。子供達の親権を

とりたいし、妻への慰謝料も必要となる。

そんな状況で悪魔がささやきました。

「金があれば、抱えている様々な問題を解決できる」

そう思ったジムは現金の束と引き換えに祖国の

機密情報を売ることを決意したのでした。

スポンサードリンク

FBIのマグワイヤの内定によりジムニコルソン逮捕

ジムの二重スパイ好意はCIAではなくFBIに

察知されます。お互いに縄張り意識の強い

組織同士ですね。諜報を主とするCIAと

捜査を主とするFBI。CIAのスキャンダルに

FBIは怒りつつもほくそ笑んだかもしれません。

CIA協力の下、マグワイヤという捜査員が

ジムの部署に送り込まれました。

マグワイヤにより二重スパイの証拠は

集められ、1996年にジムは逮捕されました。

ジムは世界一警備が厳しく「脱獄不可能」と

言われるコロラド州フレモント群の

「ADXフローレンス刑務所」に収監されました。

釈放は2024年を予定しています。

獄中で身動きが取れないジム。

スパイとしての活動は出来なくなったかと

思われましたが、自体は思わぬ方向に

進んでいきます。

スポンサードリンク

ジムの息子ネイサンもスパイに

ジムが逮捕された時、末っ子のネイサンは

12歳でした。ジムの逮捕を受けてもネイサンは

父親がスパイとは信じなかったそうです。

「陰謀により無理やり自白させられた」と

信じていたとか。

隔週でジムを訪れていたネイサンは父親から

陸軍やCIA時代の話を聞き、同じ道に進むことを

夢見たそうです。ところが、2004年に

ネイサンは陸軍で訓練中に背骨を骨折し、

後遺症が残り軍を除隊しました。

絶望の中、ネイサンは自死を考えますが、

いざという時にジムから電話がかかってきます。

「お前をどんなに愛してるか伝えたかった」

と言い、ネイサンは自殺をやめました。

このことが親子の絆を強固にしました。

ある日いつものように面会に行ったネイサンは

ジムからこう囁かれます。「わたしにひとつ

考えがある」「おまえたちを救いたいんだ」

「手伝う気はあるか」スパイへの誘いでした。

「もちろんだよ」とネイサンは受け入れます。

親子に渡るスパイの誕生でした。

スポンサードリンク

ネイサンもスパイ共謀容疑で逮捕

獄中で身動きの取れないジムの持つ情報を

父に代わってネイサンはロシアに売っていきます。

メキシコやペルーなどの第三国を取引場所と

してロシアの諜報員と接触を繰り返したそうです。

普通に考えれば日本でも父親がこのような

行為で捕まれば、公安にマークされますよね。

合計47000ドルを集めたところで2008年に

ネイサンは逮捕されます。よく2年ももったな

というのが個人的な感想です。

検察官と取引で保護観察5年の刑となりました。

ジムはネイサンの裁判の法廷で証言し、

「人生で最悪だったのは、自分のせいで

息子が逮捕された日だ」と語ったそうです。

ネイサンはそれを聞いて嬉しかったそうですが

本当に子を思う父親は我が子をスパイ行為に

巻き込まないですし、そもそも捕まるリスクの

あるスパイ行為などしませんよね。

スポンサードリンク

ニコルソン父子事件は書籍に

このジムとネイサンのスパイ行為の事件は

「スパイの血脈」と題してブライアン

デンソン氏によって書籍化されました。

祖国アメリカを二度裏切り、服役中に息子を

巻き込んだスパイ行為をはたらき、有罪判決を

受けた史上唯一のアメリカ人。最初はお金が

目的だったのでしょうが、その後はスパイの

スリルに酔っていたのでしょうか。

まとめ

CIA高官でありながら、祖国を2度も裏切り

息子を巻き込んでスパイ行為を行った男

ジムニコルソンについてまとめてみました。

個人的にはスパイ行為は割に合わないなと

感じました。負うリスクに対しての

リターンが安すぎるように思えます。

真面目に働いていれば捕まることも

息子を巻き添えにすることもなかった

でしょうに。

ネイサンには父親の影響力から離れて

自分の足でしっかりと今後の人生を

歩んでほしいものですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする