海の樹氷イソバナロック(喜界島)の画像(写真)や場所、見頃やツアーは?

こんにちは、ぽこぱぱです。

11月3日放送の「沸騰ワード10」では

沸騰島として喜界島が取り上げられます。

その中で「海の樹氷」と言われる

有名観光スポットの「イソバナロック」が

取り上げられます。初めて聞く名前ですが

イソバナと聞いては元ダイバーの血が

騒いだのでどんなものか調べてみました。

スポンサードリンク

イソバナロック・海の樹氷とは?

イソバナロックは「海の樹氷」と

言われていますが、「樹氷」とは何か?

から始めたいと思います。

樹氷とはその名の通り、木に氷が付着した

もので枝に綿上の氷がかぶっており

とても幻想的なものですね。

次にイソバナですが、こちらは

「刺胞動物門花虫綱八放サンゴ亜綱ヤギ目イソバナ科」

という長ったらしい分類ですが、ザックリ

いうとサンゴの一種ですね。

沖縄などでダイビングをしていてみたことが

ある方もいるかと思います。青い海に赤の

イソバナを見つけるとテンション上がります。

初めてみたときには竜宮城みたいだと

写真をバシバシ撮りました。

イソバナロックはイソバナが群生している

喜界島の東岸の沖合にあるスポットのことを

言うようですね。

スポンサードリンク

イソバナロックにたどり着くのは難しい?

イソバナロックには簡単に辿り着けません

それはイソバナロックが水深40メートル

くらいのところにあるためです。

一般的なダイビングのライセンスでは

40メートルまでは潜れない、ということに

なっているんですよね。私もPADIの

オープンダイバーを持っていますが

18メートルまでです。

その上のクラスでも30メートルなので

結構ハードルは高いと思います。

また、40メートルまで潜ってしまうと

太陽の光が届きにくいので、できれば

イソバナは浅めの水深で見たいですね。

イソバナロックを見るツアーは?

旅行のツアーという意味ではありません。

喜界島のダイビングショップに連絡して

確認してみるのが一番いいと思います。

とはいえ、40m水深ですから上級者しか

いけませんので、体験ダイビング程度の

考えで行くのはやめたほうがいいですね。

体験ダイビングの水深なら簡単な素潜りと

変わらないですし。

スポンサードリンク

イソバナロックの見頃は?ベストタイミングはいつ?

イソバナロックを見るベストタイミングは

6月下旬の梅雨明けから9月頃だと言われて

います。6月上旬は梅雨の終わりくらい

なので避けたほうがいいでしょうね。

7月下旬からは台風のリスクがあるので、

6月下旬から7月中旬、10月下旬からも

ありだと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする