石黒煌也(そろばん)の教室・や学校成績、姉や両親の教育方針も気になる【ミライモンスター】

こんにちは、ぽこぱぱです。

子供に習い事をさせる場合に考えるのは

体を使う系にするか頭を使う系にするか

だと思います。(我が家ではそうです)

最近聞いたのは、そろばんが習い事には

良いとのこと。頭を使いつつ指先も

使うので良いってことなのかな?

そんなそろばんの天才少年石黒煌也くんが

8月13日放送の「ミライモンスター」に

取り上げられるそうです。どんな子なのか

興味が湧いたので調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

石黒煌也(いしぐろこうや)の経歴・プロフィール

出典:http://www.ishido-soroban.com

  • 名前:石黒煌也
  • 学年:小学校4年生
  • 年齢:9歳

石黒くんは千葉県に住む珠算の天才少年です。

普段はごく普通の男の子のようですが、

そろばん競技になると別人になり、高速で

読上げ算などをこなしていくそうです。

様々なそろばん競技やフラッシュ演算の

大会に出場し、優勝や優秀選手になって

いる石黒くん。珠算の世界で注目を

集めている期待の新星です。

そろばん競技のなかでも普通の読上げ算を

得意としているようですが、英語での

読み上げの「英語読み上げ算」も相当な

実力のようです。ミリオンとビリオンの

僅かな音の差を聞き分け即座に計算します。

一瞬で数字が表示されてそれを計算していく

「フラッシュ暗算」でもその力は発揮され

ており、日本一になったこともあるんだとか。

直感記憶力と演算能力が高いんでしょうね。

スポンサードリンク

石黒煌也の成績は?

まだまだ小学校4年生ですが、石黒くんの

これまでの競技そろばんの成績は凄いです。

2015年

  • クリスマスカップ2015
    • 小学2年生以下の部 フラッシュ暗算競技:優勝

2016年

  • 英語読み上げ算競技全国大会
    • 小学2年生の部 英語読み上げ算競技:優勝
  • 千葉県珠算競技大会
    • 4年生以下の部 個人総合:優勝
    • 読上算:優勝
    • 読上暗算:優勝

2017年

  • なのはなカップ選手権大会
    • 個人総合競技 SSクラス:2位
    • 読上暗算競技 SSクラス:優勝
    • 読上算競技 SSクラス:2位

(SSクラスは最高クラス)

メッチャ優勝していますね。

ちなみに石黒くんのお姉さんも凄いそうな。

石黒煌也の姉の石黒結衣も凄い!両親の教育方針は?

出典:http://ameblo.jp/ishidosoroban/

石黒くんのお姉ちゃんは結衣ちゃんという

名前なんだそうですが、姉も凄いんだとか。

英語読み上げ算のエキスパートだそうで、

9~13桁の英語で読まれる問題を計算できて

しまうんだとか。

耳と計算能力に優れた姉弟なんですね。

その部分を伸ばすように育ててきたのかが

気になります。その辺りはミライモンスターで

取り上げてほしいものです。親として

とても気になります。

スポンサードリンク

石黒煌也のそろばん教室と小学校は?

石黒くんは一般の小学生ですが、通っている

珠算の教室や学校についてはネット上に

出てしまっているようですね。そろばん教室は

大会などでの所属や、教室のホームページ

からも分かります。

石黒くんが通っているそろばん教室は

「石戸珠算学園我孫子教室」というところで

なかなかの精鋭ぞろいの教室です。

2016年には英語読み上げ算競技全国大会で

3部門で日本一を排出した教室です。

小学校については番組でも出てくるかも

しれませんが、記載は控えます。

そろばんを習わせる効果・メリットは?

石黒くんほどの大会などでの結果を出すこと

を目的としなくても、そろばん自体が

今も人気の習い事です。教育関係者も

勧めているので効果が気になりますね。

  • 集中力
  • 計算力
  • 記憶力
  • 情報処理能力
  • 競争力

これらが強化されるといいます。

指先を使いながら頭を使うので、脳への

刺激が大きいのが良いんでしょうね。

スポンサードリンク

まとめ

珠算のミライモンスター、石黒煌也くんに

ついて、色々と調べてみました。

石黒くんについては8月13日放送の

「ミライモンスター」にて特集されるようで、

教室での模様や普段の生活が垣間見える

ようですね。

子供を持つ親にとってはそろばんという

習い事は一つの選択肢ですよね。

脳にいいとも聞きますし、石黒くんが

どんな風に成長していってるのかも

とても気になります。

お姉さんも同じそろばん競技の選手

とのことで、仲良く競いながらやっていけば

ふたりとも更に伸びていきそうですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする