RYUSEI(今井竜惺)のカンフー動画や本名、両親は?Wikiや海外の反応、きっかけを調査【ブルース・リー完コピ】

こんにちは、ぽこぱぱです。

今回ご紹介するのはカンフーのスーパーキッズ、

ミニミニブルース・リーのRYUSEI君です。

RYUSEIくんは現在6、7歳。

幼いながらもブルース・リーのカンフーを

完全コピーできるとか。

どんな少年なのでしょうか?

もう少し小さい子を持つ親としては

どうやって覚え、ご両親の影響は

どうだったかが気になります。

スポンサードリンク

カンフー少年RYUSEIの経歴・プロフィール

  • 名前:RYUSEI(りゅうせい)
  • 本名:今井竜惺(いまい りゅうせい)
  • 誕生:2010年

ブルース・リーの完コピ少年RYUSEIくん、

本名は今井竜惺くんといいます。

個人のWikiはまだ無いようですね。

りゅうせいくんは1歳の頃から

ブルース・リーの映画を見ていたそうです。

ちなみにお父さんもお祖父さんも

空手家・武術家でブルース・リーファンだそうです。

そりゃそうですよね。

子どもがブルース・リーを見るのは

親の影響です。

2014年8月からヌンチャクの練習を始め、

2015年1月からパンチやキックを

練習し始めたそうです。

1年ほどでブルース・リーの「死亡遊戯」の

アクションを完全コピー。

ネットで動画投稿したところ

既に1,000万再生を突破しており、

テレビ出演もしています。

スポンサードリンク

RYUSEIのカンフー動画

カンフーを練習し始めたRYUSEIくん。

そして5歳の時にはこの仕上がりです。

パフォーマンスも凄いですが、

個人的にはこんなトコで演舞するに至った

大人のプロデュース力が気になります。

ご両親がプロデュースしてるのかな?

ヌンチャクを遊びでも触ったことがあれば

分かるのですが、メチャクチャ難しいんですよね。

完全に使いこなしてて凄いなぁ~。

きっと真似したり遊びながら覚えたんでしょうね。

RYUSEIくんはこれだけではなく、

トレーニング姿も公開しています。

トレーニングというか、トレーニング風景の

完コピと言うか。

一本指で指立て伏せする動画もあったり。

スリムだけど何気に筋肉凄いんですよね。

子供の筋肉の付き方じゃないです。

お父さんの指導もしっかり入っているでしょう。

筋肉をつけすぎると成長線に影響が出て

身長が伸びにくくなるとか聞くけど

どうなんでしょうね?

海外の反応

既に中国などではテレビ出演もしており、

海外での人気も高いようです。

「ブルース・リーの生まれ変わり」

「ミニブルース・リーだ」

などと言われているとか。

Facebookのフォロワーは20万人を超え、

コメントは日本語が極わずかです。

投稿も英語でされていますね。

海外人気の高さを感じます。

スポンサードリンク

RYUSEIは強いのか?

モノマネ・演舞が出来るからといって

強いとは限りませんが、

スピード、キレは素晴らしいですね。

武道家の父や祖父の指導の賜物でしょうか。

体重を乗せた打撃ではないので

威力はさほどでも無さそうですが、

フォームや柔軟性は凄いですね。

闘うために練習したら強くなりそうです。

そんなの求めてい無さそうですが(笑)

まとめ

ブルース・リーの完全コピーをする

カンフー少年RYUSEIくんこと

今井竜惺くんについて調べてみました。

多分好きでやっているうちに

覚えてしまったのでしょうが

ここまでいけるとは、

子どもの吸収力というのは

凄いものがありますね。

ただ、子どもが好きでやっていることの

売り出し方にビジネスの臭いもするのが

気になるところ。別にいいんですけどね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする