高速道路の駐車場が斜めな理由は?逆走は2日に1回?高齢者の運転に注意!

高速道路で遠出。

いいですねぇ。ワクワクします。

そんな時に必ず立ち寄る場所といったら

サービスエリアやパーキングエリアです。

最近は本当にお店なども充実していて

サービスエリアに行くのを目的に

お出かけする人もいるそうですね。

確かに食べ物は美味しいし、場所に

よっては散策路が有ったりとお出かけ

には良い場所です。

そんなサービスエリア、駐車場の白線が

斜めになっているのをお気づきですか?

真っすぐのところもなくはないけど

多くは斜めになっています。アレって

一体なぜなのでしょうかね?気になったので

理由を調べてみました。

スポンサードリンク

サービスエリア・パーキングエリアとは?

まずは、そもそもですがサービスエリアや

パーキングエリアとはどんなところなのか

改めて見ていきたいと思います。ここに

疑問の理由が隠されています。

サービスエリアとは高速道路に概ね50キロ

間隔で設置される休憩施設です。(PAは

15キロ毎)連続運転で疲労した利用者

休憩やサービスを提供するための場所です。

近年では大規模で商業的なサービスエリアが

増えてきており、テーマパークのように

サービスエリアを目的としたお客さんも

いるほどで、テレビ雑誌などでもしばしば

特集が組まれるほどです。

要約すると、高速道路にある、高速道路

利用者の利用を主目的とした場所で、

車に乗った人が数多く集まる場所です。

スポンサードリンク

サービスエリアの駐車場が斜めな理由は?

そんな人と車が多く集まるサービスエリア、

子連れの私としても、長い時間子どもが

じっとしてくれないので、気分転換させる

ためにもよく利用します。

一般の駐車場とは異なり写真のように白線が

斜めになっているサービスエリアの駐車場。

私も最初不思議でしたが、斜めになっている

理由については大きく以下の2つです。

  1. 逆走防止
  2. スムーズな駐車

そもそも、サービスエリアの駐車場が斜めに

なっているのはサービスエリアの安全が

目的です。交通量に比例して混雑する

サービスエリア、車の出入りも多いので

混雑しやすく事故も多くなっています。

その混雑や事故を防ぐことがサービスエリアの

駐車場が斜めになっている最大の理由です。

事故も、駐車場内での事故のみならず

高速道路特有の「逆走」を起こしにくくし、

重大事故を防ごうとしているのです。

スポンサードリンク

逆走を防止するため

駐車場がもし一般のお店の駐車場のように

直線になっていたら、進入してきた方に

戻って出ていってしまう可能性があります。

どちらから入ってきたか分からずに

入口を出口と錯覚してしまうんですね。

長距離走行になりがちな高速道路では

疲労も溜まりやすく、目が疲れていたり

緊張していたり、初心者などがそのミスを

犯しがちです。

さらに特に多いのが年配の方です。

老人の運転免許返納についての議論が

盛んになっていますが、高速道路逆走の

約7割が65歳以上というデータもあります。

そして、逆走運転者の約4割が認知症の

症状を持っていることも明らかになって

います。こちらは論外ですが、判断力が

必要になる場面を極力少なくするために

駐車場の白線は斜めになっています。

スポンサードリンク

スムーズな駐停車を行うため

高速道路の駐車場は進行方向に対して

浅い角度で斜めになっています。

このため本線の入り口から入ってきて、

切り返しなどの必要がなくスムーズに

駐車ができます。

また、発車する時もハンドルの操作は

最低限ですし、バックで出る際には

出る方向から車が来るのでミラーで

見やすくなっています。ただ、稀に

逆方向から車が来ることもあるので

そこは注意しましょう。

また、元々斜めになっていると、隣の

車との距離が少々近くても正しい方向に

車を出す時には前後の距離シロが

まっすぐな駐車場よりも少なくなり、

スペースの最適化にもなっています。

合理的ですよね。

スポンサードリンク

逆走は2日に1回は起こっている

上の逆走防止の目的のところでも

触れましたが、高速道路の逆走の

約7割がご年配の方々です。

されにデータを見ていきますと、

平成23年と平成24年ではそれぞれの年で

200件以上の逆走が起こっており、

2日に1件以上のペースです。

逆走が起こるケースの大半はインター

チェンジやジャンクションで逆走を

開始することが多くなっています。

ちなみにサービスエリア、パーキング

エリアは全体の7~9%程度です。

200件中の約8%ですので15件前後ですが

逆走によって起こる事故は重大事故に

なりますので、0件を目指すことが

必要になります。このためのとりくみの

一環が白線の斜め化というわけです。

スポンサードリンク

まとめ

以上をある程度簡潔にまとめていきます。

  • そもそもサービスエリア・パーキングエリアとは?

高速道路にある、高速道路利用者の

利用を主目的とした場所で、

概ね50キロ間隔で設置されています。

最近では大型化・商業施設化により

車に乗った人が数多く集まる場所と

なっており、事故多発地帯でもあります。

  • サービスエリアの駐車場が斜めな理由は?

大目的はサービスエリアの駐車場内外での

安全と混雑防止です。

斜めになっていることで錯覚を防ぎ、

逆走を防止できるだけでなく車の出し入れも

スムーズに行うことができるため、

駐車場の混雑緩和に繋がります。

  • 逆走ってどの程度起きている?

高速道路の逆走案件は2日に1度のペースで

起こっており、そのうち7割が高齢者に

よるもので、サービスエリア、パーキング

エリアでの発生は約8%。

スポンサードリンク

こんな感じで安全と混雑緩和が

主な目的のようですね。

白線が斜めになっていることで

高速道路やサービスエリアが

快適に使えるのであれば、

全国の全てのサービスエリアの

白線を斜めにしてほしいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする