郡司政男(キティ収集ギネス)の画像や住所、結婚(嫁・子供)は?コレクターになったきっかけは?

こんにちは、ぽこぱぱです。

収集癖、コレクター魂というのは

女性よりも男性の方が高いイメージがあります。

私は対してなかったりするんですが、

友人等を見ていると確かにそうなんですよね。

世の中には一風変わった物を集める

コレクターだったり、コレクション自体は

変わっていなくてもコレクター自体が

変わっている人もちらほら。

今回取り上げるのは「ハローキティ」の

コレクション世界一としてギネス記録に

認定されている「日本人男性」の

郡司政男(ぐんじまさお)さんについて

色々と見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

郡司政男(ぐんじまさお)の年齢・経歴・プロフィール

出典:http://www.guinnessworldrecords.jp

  • 名前:郡司政男(ぐんじまさお)
  • 生年月日:1949年
  • 年齢:67歳
  • 住所:千葉県四街道市栗山

ハローキティー収集のギネス記録保持者、

郡司政男さん。なんとキティちゃんの

世界一のコレクターは男性でした。

びっくり。画像を見てさらにびっくり。

千葉県在住の軍事さんがキティグッズを

集め始めたのは30年ほど前のことでした。

慰安旅行で行った観光地で買った

ストラップの可愛さに惚れ込んでしまった

郡司さん。以来虜になったんだとか。

当時は警察官をされていた郡司さん。

キティグッズに癒やされながら毎日の

お仕事を頑張っていたんだとか。

ちなみに郡司さんのお父さんも元警察官で、

キティグッズ収集を知った時には

怒られらそうです。

お父様が亡くなるまでは自宅の2階で

こっそりとコレクションを楽しんでいたとか。

その後郡司さんが定年退職すると、収集は

更に加速。今では1万点以上のキティグッズを

収集されているんだとか。

スポンサードリンク

郡司政男がギネス認定!キティハウスの場所(住所)や画像は?

出典:https://headlines.yahoo.co.jp

2016年11月にギネスにキティグッズの

コレクション数世界一と認定された郡司さん。

その数なんと5169個!実際のコレクションは

1万点にも登りますが、数える制限時間が

8時間と決まっているので絞ったんだとか。

公式認定院がカウントした結果、約80個が

認定されませんでしたが、5169個がカウント

され、無事ギネス認定となりました。

なんでも赤いリボン以外は認めない」と、

認定条件が厳しいそうです。

ちなみに郡司さんの前のギネス保持者は

これまた日本人でした。女性の方で、

4519個だったそうです。認定院も8時間も

キティグッズを確認するなんて大変ですね。

ちなみに現在郡司さんのコレクションは

自宅に建てられた「キティハウス」に

保管されているようです。認定以来、

郡司さんのキティハウスを訪れる人も

いるんだとか。

場所はザックリ「四街道市栗山」と

されていますが、その付近で聞けば

有名でしょうから、どこなのかはすぐに

分かりそうですね。

スポンサードリンク

郡司政男の結婚や子供は?

こんなにキティグッズを集める郡司さん。

気になったのは家族の存在ですね。

上述の通りお父さんには怒られたそうですが

結婚していたら奥さんはどうなんだろう、と

考えてしまいます。

調べてみますと郡司さんは60歳まで独身で

いたそうなのですが、60歳の時に9歳年上の

良子さんという方と結婚されたんだとか。

お互い長く独身だったそうですね。

既にキティグッズ収集は佳境を迎える位の

状態での結婚だったので奥様もキティ収集に

ついては容認されていたのでしょう。

ギネス認定の際にも「妻の協力もあり、

認定されました」と協力的だったようです。

結婚されたのが郡司さんが60歳との事で、

お二人の間にお子様はいらっしゃいません。

だからキティ愛が強いのかもしれませんね。

ちなみに子供がいたら怒られるか呆れられるか

すると思います(笑)

スポンサードリンク

まとめ

キティグッズ収集数ギネス記録保持者の

郡司政男さんについて色々と見てきました。

まさか男性が記録保持者だったとはと

気になって調べてみましたが、絵面は

なかなかパンチ力がありますね。

コレクターの愛情は持っているコレクションの

数で測れるものではありませんが、これだけ

数があってキティハウスまで作っていると

本物だなと心の底から思えますね。

ちなみに郡司さんは8月1日放送の

「マツコの知らない世界」に奥様と

一緒に出演されるようですので

こちらも楽しみですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする