バンシロウ(グァバ)は喜界島の名産!通販お取り寄せ方法やジュース・グァバ茶の効果は?【沸騰ワード10】

こんにちは、ぽこぱぱです。

11月3日放送『沸騰ワード10』で喜界島が

「沸騰島」として取り上げられられます。

奄美はいったことあるけど喜界島はまだ

行けておらず、行ってみたい島の一つ。

番組内では名産品の「バンシロウ」について

取り上げられるようです。奄美にもあるこの

バンシロウ。実はグァバのことなんですが

島ではがぶりと食べるのが好きでした。

そんなバンシロウについて、懐かしかったので

色々と調べてみました。ジュースも取り寄せ

可能みたいなので買ってみようかな。

スポンサードリンク

バンシロウとは?味や食べ方は?

前述のようにバンシロウはグァバの和名です。

バンジロウ・バンシルーとも呼ばれますが

喜界島ではバンシロウと呼ぶのが一般的で、

台湾も含めた南西諸島一体で親しまれ、

人気のある果物です。

グァバジュースが一般的には出回っている

感じですが、奄美ではそのままガブリと

食べていました。ジュースは加糖して

飲みやすくしてるものが多いですが、

そのまま食べる場合は好き嫌いが別れます。

甘み、酸味、苦味、渋みがあり、爽やかな

味わいなので、めちゃくちゃ甘いという

わけではないです。食感は洋梨のような

シャリ感がありますが、追熟させると

とろっとしてきます。

食感や味、渋みなどがダメだという人も

います。私も最初は苦手でしたが食べてる

内に好きになりましたが、ジュースは

飲みやすいし美味しいと思います。

バンシロウの表面は緑で追熟などをさせると

黄色くなり、中は白からピンクになります。

追熟させても白いままの品種もあります。

タネは飲み込むか出した方がいいですね。

スポンサードリンク

バンシロウ(グァバ)の栄養価は?グァバ茶もすごい!

バンシロウはビタミン類・ミネラルを

豊富に含みます。特にビタミンCは

果物の中でトップクラスで、レモンの

約6倍のビタミンCを含んでいます。

また、ポリフェノールを多く含んでおり、

糖の吸収を穏やかにしてくれるので、

ダイエット食品や美容食品などにも使われて

いますね。こちらもその一つです。



さらに、特筆すべきはグァバの葉です。

グァバの葉には、強い抗酸化作用を持つ

タンニンやケルセチンなどのポリフェノール、

ビタミンB群、ビタミンC、β-カロテン、

ビタミンEが豊富に含まれています。

高血圧や動脈硬化対策、ダイエット効果、

便秘や下痢の解消、美白・美肌効果や

疲労回復効果など本当に多種多様。

ですので、バンシロウはお茶にしたら

かなり万能選手なんですよね。

  • 糖尿病を予防したい方
  • ダイエットをしたい方
  • 高血圧を予防したい方
  • 生活習慣病を予防したい方
  • コレステロール値が気になる方
  • 風邪をひきやすい方
  • 免疫力を向上させたい方
  • 肌荒れでお悩みの方
  • 丈夫な体をつくりたい方
  • ストレスをやわらげたい方
  • 血流を改善したい方
  • 腸内環境を整えたい方
  • 疲れやすい方

などなどにおすすめです。

スポンサードリンク

バンシロウ(グァバ)ジュースがふるさと納税で入手できる?

喜界島ではありませんが、奄美大島の

ふるさと納税のお礼としてバンシロウの

ジュースが手に入ります。そろそろ年末で

使い道を考えている人にはありかと思います。

バンシロウが11月3日の「沸騰ワード10」で登場

11月3日放送の「沸騰ワード10」では

喜界島について取り上げ、バンシロウや

海の樹氷について取り上げられるようです。

こちらも楽しみですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする