グランプリシリーズ2017ロシア大会女子の結果・滑走順、出場選手・得点は?

こんにちは、ぽこぱぱです。

フィギュアスケートのグランプリシリーズが

10月から始まりました。2017ー2018の

シリーズは例年と違いロシアからスタート。

初戦なので今シーズンをうらなう上で非常に

重要な大会と言えますね。日本選手では

樋口新葉選手、坂本花織選手が出場します。

女王メドベージェワ選手は地元ロシアから

グランプリシリーズをスタートします。

オリンピックシーズンですので、いい形で

入って欲しいこの大会。トップ選手が多く

表彰台を狙ってもらいたいと同時に、

課題の洗い出しも必要ですね。

スポンサードリンク

グランプリシリーズ2017ロステレコム杯の開催場所・日程

フィギュアスケートグランプリシリーズの

2017シリーズ第一戦目のロステレコム杯

(ロシア大会)の概要が以下になります。

ロステレコム杯2017(ロシア大会)ISU Grand Prix of Figure Skating Rostelecom Cup 2017

開催場所

モスクワ

Megasports Arena(メガスポルトアリーナ)

日程

2017年10月20日(金)~10月22日(日)

2011年に日本で行われる予定だったのですが

震災のために開催地が変わり、ロシアの

メガスポルトアリーナで開催されました。

フィギュアグランプリシリーズ2017ロシア大会のタイムスケジュール

※時間は日本時間です。

10月20日

  • 20:00~21:33:男子ショートプログラム(男子SP)
  • 22:00~23:20 アイスダンスショートダンス(SD)
  • 23:45~24:15 オープニングセレモニー(オン・アイス)

10月21日

  • 0:30~1:37 ペアショートプログラム(SP)
  • 2:00~3:33 女子ショートプログラム(SP)
  • 19:30~21:25 男子フリースケーティング(FS)
  • 21:45~23:16 アイスダンスフリーダンス(FD)
  • 23:35~24:56 ペアフリースケーティング(FS)

10月22日

  • 1:20~3:07 女子フリースケーティング(FS)
  • 20:00~21:00 表彰式
  • 21:00~23:30 エキシビション

スポンサードリンク

グランプリシリーズ2017ロステレコム杯のライブストリーミング(ライスト)

グランプリシリーズはストリーミング配信

(ライブストリーミング)を行っています。

ストリーミング1

ストリーミング2

フィギュアグランプリシリーズ2017ロスロシア杯女子の出場選手

日本選手

  • 樋口新葉

  • 坂本花織

海外選手

  • アナスタシア・ガルスチャン(アルメニア)
  • マエ=ベレニス・メイテ(フランス)
  • ニコル・ショット(ドイツ)
  • カロリーナ・コストナー(イタリア)
  • エリザベート・ツルシンバエワ(カザフスタン)
  • ワレリヤ・ミハイロワ(ロシア)
  • エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)
  • エレーナ・ラジオノワ(ロシア)
  • マライア・ベル(アメリカ)
  • 長洲未来(アメリカ)

日本選手としては2名、樋口新葉選手と

坂本花織が登場します。コストナー選手、

ラジオノワ選手、長洲未来選手等の

有力選手が登場しますので、なんとか

表彰台を狙ってほしいものですね。

グランプリシリーズ2017ロスロシア杯女子の見どころは?

女王メドベージェワ選手が地元ロシアから

グランプリシリーズをスタートします。

ホームの後押しもありますし、優勝に

最も近い選手といえますね。

日本の2選手はグランプリシリーズ初戦に

上手く入っていけるよう、いい緊張感を

持って、周りを意識せずに自分らしい

スケーティングをして表彰台を狙って

いってほしいですね。

スポンサードリンク

グランプリシリーズ2017ロシア杯女子ショートプログラム(SP)の滑走順・得点は?

10/21(土)2:00~3:33です。

グループ1

2:00~

選手名 得点
1 ワレリヤ・ミハイロワ ロシア 63.38
2 アナスタシア・ガルスチャン アルメニア 48.10
3 ニコル・ショット ドイツ 55.55
4 マエ・ベレニス・メイテ フランス 54.24
5 坂本花織 日本 68.88
6 カロリーナ・コストナー イタリア 74.62

グループ2

2:46~

選手名 得点
1 マライア・ベル アメリカ 63.85
2 樋口新葉 日本 69.60
3 エレーナ・ラジオノワ ロシア 68.75
4 エリザベート・ツルシンバエワ カザフスタン 63.92
5 長洲未来 アメリカ 56.15
6 エフゲニア・メドベージェワ ロシア 80.75

やはり強い女王メドベージェワ。

といった感じですね。最終滑走という

嫌な滑走順も、地元の期待という重圧も

全て力にしているような演技でした。

樋口選手が3位に!もう少し良くても

良さそうでしたが、細かなところで

マイナスをされていました。うーん。

力強い演技をフリーでも期待ですね。

スポンサードリンク

グランプリシリーズ2017ロスロシア杯女子ショートプログラム(SP)の結果・順位は?

  1. エフゲニア・メドベージェワ
  2. カロリーナ・コストナー
  3. 樋口新葉
  4. 坂本花織
  5. エレーナ・ラジオノワ
  6. エリザベート・ツルシンバエワ
  7. マライア・ベル
  8. ワレリヤ・ミハイロワ
  9. 長洲未来
  10. ニコル・ショット
  11. マエ=ベレニス・メイテ
  12. アナスタシア・ガルスチャン

詳細な採点は上の画像でご覧ください。

やはり女王強し!といった感じです。

1位、2位は硬そうですが、日本勢も

3位、4位につけており、まだトップも

狙えるかな、というかんじです。

坂本選手はグランプリシリーズデビューを

いい形出来ることが出来ましたね。

とても綺麗な3-3でした。

どんどん実績を積んでいけばPCSも

伸びてくると思いますので、この調子で

力を伸ばしていってほしいものです。

3位から5位までは差がないですので

なんとか1人は表彰台に登って欲しい、

できれば二人共、という感じです。

スポンサードリンク

グランプリシリーズ2017ロスロシア杯女子フリースティング(FS)の滑走順・得点は?

グループ1 1:20~

選手名 得点
1 アナスタシア・ガルスチャン アルメニ  106.80
2 ニコル・ショット ドイツ  113.17
3 マエ=ベレニス・メイテ フランス  106.72
4 マライア・ベル アメリカ  124.71
5 長洲未来 アメリカ  122.10
6 ワレリヤ・ミハイロワ ロシア  121.71

グループ2 2:13~

選手名 得点
1 エレーナ・ラジオノワ ロシア  126.77
2 エリザベート・ツルシンバエワ カザフスタン  121.03
3 坂本花織 日本  125.12
4 樋口新葉 日本  137.57
5 エフゲニア・メドベージェワ ロシア  150.46
6 カロリーナ・コストナー イタリア  141.36

メドベージェワ選手は次元の違う演技を

見せてくれましたね。最後の失敗もご愛嬌。

とうとう世界歴代スコアの1~3位を独占。

坂本選手は最初のミスが響いたのか

全体的にぐらついてしまいましたね。

表彰台を狙っていただけに残念です。

樋口選手は渾身の滑りを見せて3位でした。

初のグランプリシリーズでいいスタートを

切ることが出来ましたね。

スポンサードリンク

グランプリシリーズ2017ロスロシア杯女子フリースティング(FS)の結果・順位は?

  1. エフゲニア・メドベージェワ
  2. カロリーナ・コストナー
  3. 樋口新葉
  4. エレーナ・ラジオノワ
  5. 坂本花織
  6. マライア・ベル
  7. 長洲未来
  8. ワレリヤ・ミハイロワ
  9. エリザベート・ツルシンバエワ
  10. ニコル・ショット
  11. アナスタシア・ガルスチャン
  12. マエ=ベレニス・メイテ

詳細な得点は上の画像をご覧ください。

1転倒有ってもこの点数を出してくる

メドベージェワ選手は驚愕ですね。

カロリーナ・コストナー選手はジャンプの

構成難易度が高くなくてもここまでの

クオリティに仕上げれば勝つことも可能

ということを見せてくれました。

樋口選手はトリプルサルコウが抜けた

失敗のみで後はノーミスでしたね。

素晴らしかったです。

スポンサードリンク

グランプリシリーズ2017ロスロシア杯女子の結果・順位は?

順位 名前 点数 SP FS
1 エフゲニア・メドベージェワ 231.21 1 1
2 カロリーナ・コストナー 215.98 2 2
3 樋口新葉 207.17 3 3
4 エレーナ・ラジオノワ 195.52 5 4
5 坂本花織 194.00 4 5
6 マライア・ベル 188.56 7 6
7 ワレリヤ・ミハイロワ 185.09 8 8
8 エリザベート・ツルシンバエワ 184.95 6 9
9 長洲未来 178.25 9 7
10 ニコル・ショット 168.72 10 10
11 マエ=ベレニス・メイテ 160.96 11 11
12 アナスタシア・ガルスチャン 154.90 12 12

グランプリシリーズ初戦のロシア大会は

予想通りロシアのメドベージェワ選手が

優勝となりました。やはり強い!

そして2位にはカロリーナ・コストナー選手。

トリノオリンピックの頃の超スピードで

吹っ飛んでくイメージが個人的にはまだ

残っているのですが、華麗な演技でしたね。

日本勢では樋口選手が表彰台と健闘ですね。

坂本選手はプログラムの精度を今後上げていき、

グランプリシリーズ巻き返しを図ってほしい

と思います。

グランプリシリーズ2017ロスロシア杯男子の結果・順位は?

グランプリシリーズ2017ロシア大会男子の結果・滑走順、出場選手・得点は?【羽生結弦vsネイサンチェン】
こんにちは、ぽこぱぱです。 フィギュアスケートのグランプリシリーズが 10月から始まります。2017ー2018の シリーズ...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. あき より:

    樋口新葉選手はグランプリシリーズ初参戦じゃないと思いますよ〜笑
    昨シーズングランプリシリーズフランス大会で3位、NHK杯4位です。
    記事はいつも楽しく拝見しています!

    • pokopapa より:

      あき様
      コメント、ご指摘ありがとうございます。
      朝早くで寝ぼけて間違えてしまいました。
      初参戦は坂本選手でした。