グランプリシリーズ2017ロシア大会男子の結果・滑走順、出場選手・得点は?【羽生結弦vsネイサンチェン】

こんにちは、ぽこぱぱです。

フィギュアスケートのグランプリシリーズが

10月から始まります。2017ー2018の

シリーズは例年と違いロシアからスタート。

初戦なので今シーズンをうらなう上で非常に

重要な大会と言えますね。日本選手では

いきなり日本男子のエース羽生結弦選手が

出場します。残念ながら田中刑事選手は

怪我で棄権となりました。

オリンピックシーズンですので、いい形で

入って欲しいこの大会。4回転ジャンプ

全盛時代といってもいい今、どんな大会に

なるのかが気になりますね。

スポンサードリンク

グランプリシリーズ2017ロステレコム杯の開催場所・日程

フィギュアスケートグランプリシリーズの

2017シリーズ第一戦目のロステレコム杯

(ロシア大会)の概要が以下になります。

ロステレコム杯2017(ロシア大会)ISU Grand Prix of Figure Skating Rostelecom Cup 2017

開催場所

モスクワ

Megasports Arena(メガスポルトアリーナ)

日程

2017年10月20日(金)~10月22日(日)

2011年に日本で行われる予定だったのですが

震災のために開催地が変わり、ロシアの

メガスポルトアリーナで開催されました。

フィギュアグランプリシリーズ2017ロシア大会のタイムスケジュール

※時間は日本時間です。

10月20日

  • 20:00~21:33:男子ショートプログラム(男子SP)
  • 22:00~23:20 アイスダンスショートダンス(SD)
  • 23:45~24:15 オープニングセレモニー(オン・アイス)

10月21日

  • 0:30~1:37 ペアショートプログラム(SP)
  • 2:00~3:33 女子ショートプログラム(SP)
  • 19:30~21:25 男子フリースケーティング(FS)
  • 21:45~23:16 アイスダンスフリーダンス(FD)
  • 23:35~24:56 ペアフリースケーティング(FS)

10月22日

  • 1:20~3:07 女子フリースケーティング(FS)
  • 20:00~21:00 表彰式
  • 21:00~23:30 エキシビション

スポンサードリンク

グランプリシリーズ2017ロステレコム杯のライブストリーミング(ライスト)

グランプリシリーズはストリーミング配信

(ライブストリーミング)を行っています。

ストリーミング1

ストリーミング2

フィギュアグランプリシリーズ2017ロスロシア杯男子の出場選手

日本選手

  • 羽生結弦
  • 田中刑事(怪我の為棄権)

海外選手

  • ナム・ニューエン(カナダ)
  • モリス・クヴィテラシヴィリ(ジョージア)
  • ダニエル・サモヒン(イスラエル)
  • デニス・テン(カザフスタン)
  • デニス・ヴァシリエフス(ラトビア)
  • アンドレイ・ラズキン(ロシア)
  • ドミトリー・アリエフ(ロシア)
  • ミハイル・コリャダ(ロシア)
  • ネイサン・チェン(アメリカ)
  • グラント・ホッホスタイン(アメリカ)
  • ミーシャ・ジー(ウズベキスタン)

日本選手としてはエースの羽生結弦選手が

登場します。残念ながら田中刑事選手は

練習中に右腸腰筋筋損傷の怪我のため欠場。

中国大会に向けて治療に専念しています。

グランプリシリーズ2017ロスロシア杯男子の見どころは?

言うまでもなく日本の羽生結弦選手と

ネイサンチェン選手の対決ですね。

5種の4回転ジャンプを飛べるネイサンと

4種のクワドジャンプ、高精度の演技が

出来る羽生選手の激突が実現です。

まずはグランプリシリーズ初戦ですので

プログラムの精度を上げていくなどの

確認作業が大切ですね。無理に4回転を

飛べばいいというものではないと思います。

スポンサードリンク

グランプリシリーズ2017ロシア杯男子ショートプログラム(SP)の滑走順・得点は?

グループ1

選手名 得点
1 アンドレイ・ラズキン ロシア 78.54
2 モリス・クヴィテラシヴィリ ジョージア 80.67
3 デニス・テン カザフスタン 69.00
4 ナム・ニューエン カナダ 80.74
5 グラント・ホッホスタイン アメリカ 67.56
6 ミーシャ・ジー ウズベキスタン 85.02

グループ2

選手名 得点
1 デニス・ヴァシリエフス ラトビア 82.44
2 ドミトリー・アリエフ ロシア 88.77
3 ダニエル・サモヒン イスラエル 62.02
4 ネイサン・チェン アメリカ 100.54
5 ミハイル・コリャダ ロシア 85.79
6 羽生結弦 日本 94.85

ネイサンチェン選手はすべて着氷でした。

クワドルッツ、クワドフリップ、3Aと

高難度のプログラムでしたね。

100点超えも納得の出来だと思います。

羽生選手はミスが有りましたが演技は

素晴らしかったですね。トリプルトーで

両手をついてしまい転倒で-1点となって

いますが、PCSが鬼でした。

スポンサードリンク

グランプリシリーズ2017ロスロシア杯男子ショートプログラム(SP)の結果・順位は?

  1. ネイサン・チェン
  2. 羽生結弦
  3. ドミトリー・アリエフ
  4. ミハイル・コリャダ
  5. ミーシャ・ジー
  6. デニス・ヴァシリエフス
  7. ナム・ニューエン
  8. モリス・クヴィテラシヴィリ
  9. アンドレイ・ラズキン
  10. デニス・テン
  11. グラント・ホッホスタイン
  12. ダニエル・サモヒン

詳細な採点は上の画像でご覧ください。

3位までが12点差ですね。とは言え

ほとんどネイサン選手と羽生選手の

一騎打ちと言ってもいい状態だと思います。

ネイサン選手は技術点で8点以上上回った

にも関わらず6点弱差ということで、

逆に衝撃だったのではないでしょうか。

一つ一つのクオリティーが課題ですね。

羽生選手は自分のクオリティー次第で、

相手がノーミスしても勝てる可能性が

十二分にあります。約6点差は大きいですが

これをはねのけて欲しいものです。

スポンサードリンク

グランプリシリーズ2017ロスロシア杯男子フリースティング(FS)の滑走順・得点は?

男子フリーの滑走順は以下になります。

羽生選手は日本時間の21時過ぎですね。

グループ1 19:30~

選手名 得点
1 デニス・テン カザフスタン 145.35
2 ダニエル・サモヒン イスラエル 121.77
3 グラント・ホッホスタイン アメリカ 138.53
4 アンドレイ・ラズキン ロシア 133.60
5 モリス・クヴィテラシヴィリ アメリカ 169.59
6 ナム・ニューエン カナダ 157.71

グループ2 20:27~

選手名 得点
1 ミーシャ・ジー ウズベキスタン 170.31
2 ミハイル・コリャダ ロシア 185.27
3 デニス・ヴァシリエフス ラトビア 145.09
4 ドミトリー・アリエフ ロシア 150.84
5 羽生結弦 日本 195.92
6 ネイサン・チェン アメリカ 193.25

羽生選手は4回転ルッツをなんとか降り

ましたが、4回転ジャンプは5本中3本と

本人としては不十分な出来だろうと思います。

個人的にはクワドルッツを降りたことで

自信になるんじゃないかと思いました。

ネイサン選手は4回転を4本降りました。

他の要素も精度が上がってきており、

これでプログラムコンポーネンツが

上がってくるとホントに脅威ですね。

スポンサードリンク

グランプリシリーズ2017ロスロシア杯男子フリースティング(FS)の結果・順位は?

  1. 羽生結弦
  2. ネイサン・チェン
  3. ミハイル・コリャダ
  4. ミーシャ・ジー
  5. モリス・クヴィテラシヴィリ
  6. ナム・ニューエン
  7. デニス・ヴァシリエフス
  8. デニス・テン
  9. デニス・ヴァシリエフス
  10. グラント・ホッホスタイン
  11. アンドレイ・ラズキン
  12. ダニエル・サモヒン

詳細な得点は上の画像をご覧ください。

上位3選手が飛び抜けていますね。

演技構成点も技術点もこの3選手のみ

高くなっています。

3位はコリャダ選手で、世界選手権や

オリンピックの前哨戦のようでしたが

まだまだグランプリシリーズ初戦。

これから皆精度を上げていくでしょう。

羽生選手の収穫としては、4回転ルッツを

降りれたことでしょう。クリーンでは

ありませんでしたが、試合の場で使える

ものに今後していく足がかりになったと

前向きに考えたいと思います。

スポンサードリンク

グランプリシリーズ2017ロスロシア杯男子の結果・順位は?

順位 名前 点数 SP FS
1 ネイサン・チェン 293.79 1 2
2 羽生結弦 290.77 2 1
3 ミハイル・コリャダ 271.06 4 3
4 ミーシャ・ジー 255.33 5 4
5 モリス・クヴィテラシヴィリ 250.26 8 5
6 ドミトリー・アリエフ 239.61 3 7
7 ナム・ニューエン 238.45 7 6
8 デニス・ヴァシリエフス 227.53 6 9
9 デニス・テン 214.35 10 8
10 アンドレイ・ラズキン 212.14 9 11
11 グラント・ホッホスタイン 206.09 11 10
12 ダニエル・サモヒン 183.79 12 12

グランプリシリーズ初戦のロシア大会は

微差でアメリカのネイサンチェン選手が

優勝しました。ショート、フリーとも

4回転ジャンプをほとんど決めてきており

仕上がりの良さを感じますね。

日本の羽生選手はフリーは1位だったものの

ショートでの差が響いたこと、フリーで

5本予定の4回転が3本になったことで

約3点差の2位となりました。

SEIMEIの世界観はやはり素晴らしく、

今後は試合を重ねるごとにプログラムの

精度も上がってくることかと思いますので

次に繋がる初戦だったと思います。

グランプリシリーズ2017ロスロシア杯女子の結果・順位は?

グランプリシリーズ2017ロシア大会女子の結果・滑走順、出場選手・得点は?
こんにちは、ぽこぱぱです。 フィギュアスケートのグランプリシリーズが 10月から始まりました。2017ー2018の シリー...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする