グランプリシリーズ2017カナダ大会女子の結果・滑走順、出場選手・得点は?【本田真凜本郷理華】

こんにちは、ぽこぱぱです。

フィギュアスケートのグランプリシリーズが

ロシア杯から始まりました。ロシアの次は

カナダ大会(スケカナ)ですね。

初戦ロシア杯では女王メドベージェワ選手が

圧巻の強さを魅せる中、樋口新葉選手、

坂本花織選手も検討しましたね。

グランプリシリーズ第二戦のこの大会。

有力選手が多く表彰台を狙ってもらいたいと

同時に、課題の洗い出しも必要ですね。

スポンサードリンク

グランプリシリーズ2017カナダ大会の開催場所・日程

フィギュアスケートグランプリシリーズの

2017シリーズ第2戦目のカナダ大会

(スケカナ)の概要が以下になります。

スケートカナダ2017(カナダ大会)Grand Prix of Figure Skating Skate Canada International 2017

開催場所

サスカチェワン州レジャイナ

ブラントセンター(Brandt Centre)

日程

2017年10月27日(金)

~10月31日(日)(現地時間)

フィギュアグランプリシリーズ2017カナダ大会のタイムスケジュール

※時間は日本時間です。

10月28日

  • 3:57~5:30:女子ショートプログラム(女子SP)
  • 5:50~7:08 アイスダンスショートダンス(SD)
  • 8:57~10:30 男子ショートプログラム(女子SP)
  • 10:48~11:55 ペアショートプログラム(SP)

10月29日

  • 2:04~3:53 女子フリースケーティング(女子FS)
  • 4:13~5:44 アイスダンスフリーダンス(FD)
  • 7:50~9:45 男子フリースケーティング(男子FS)
  • 10:05~11:26 ペアフリースケーティング(FS)

10月30日

  • 5:00~7:30 エキシビション

スポンサードリンク

グランプリシリーズ2017スケートカナダ大会のライブストリーミング(ライスト)

グランプリシリーズはストリーミング配信

(ライブストリーミング)を行っています。

ストリーミング1

ストリーミング2

フィギュアグランプリシリーズ2017カナダ大会女子の出場選手

日本選手

  • 本田真凜
  • 本郷理華

海外選手

  • カイラニ・クレイン(オーストラリア)
  • ラーキン・オーストマン(カナダ)
  • アレーヌ・シャルトラン(カナダ)
  • ケイトリン・オズモンド(カナダ)
  • ロリーヌ・ルカヴァリエ(フランス)
  • アンナ・ポゴリラヤ(ロシア)
  • マリア・ソツコワ(ロシア)
  • カレン・チェン(アメリカ)
  • アシュリー・ワグナー(アメリカ)
  • コートニー・ヒックス(アメリカ)

日本選手は本田真凜選手、本郷理華選手が

登場します。本田選手は今期シニアデビュー

ですね。ココでいい演技をしていきなり

強いインパクトを残してほしいものです。

スポンサードリンク

グランプリシリーズ2017カナダ大会女子の見どころは?

カナダ大会はロシア大会のように「別格」

クラスがいるわけではありませんが、

地元カナダのオズモンド選手、ロシアの

ソツコワ選手など有力選手が多数です。

そこにシニアデビュー年の本田真凜選手が

どこまで食いついていって表彰台を狙う

ことができるか、また、復調してきた

本郷理華選手が上位に食い込んでいけるか

などが見どころですね。

グランプリシリーズ2017カナダ杯女子ショートプログラム(SP)の滑走順・得点は?

ここからはテレビ放送前でも結果を

掲載しますのでご注意して下さい。

グループ1 3:57~

選手名 得点
1 ラーキン・オーストマン カナダ  41.79
2 カイラニ・クレイン オーストラリア  54.96
3 コートニー・ヒックス アメリカ  64.06
4 アレーヌ・シャルトラン カナダ  46.51
5 ロリーヌ・ルカヴァリエ フランス  59.08
6 本田真凜 日本  52.60

本田選手は6人滑り終えて4位。

3-3のコンボで詰まってしまいました。

3-2に押さえても良い着氷だったかも。

2Aが抜けて1Aになっています。

フリーでの巻き返しに期待ですね。

スポンサードリンク

グループ2 4:43~

選手名 得点
1 本郷理華 日本  61.60
2 カレン・チェン アメリカ  61.77
3 アシュリー・ワグナー アメリカ  61.57
4 マリア・ソツコワ ロシア  66.10
5 アンナ・ポゴリラヤ ロシア  69.05
6 ケイトリン・オズモンド カナダ  76.06

本郷選手はノーミスでした!

もっと点伸びても良さそうなんですけどね。

ダイナミックな演技が戻ってきており、

これを続けていけば点数も伸びてきそうです。

グランプリシリーズ2017カナダ杯女子ショートプログラム(SP)の結果・順位は?

  1. ケイトリン・オズモンド
  2. アンナ・ポゴリラヤ
  3. マリア・ソツコワ
  4. コートニー・ヒックス
  5. カレン・チェン
  6. 本郷理華
  7. アシュリー・ワグナー
  8. ロリーヌ・ルカヴァリエ
  9. カイラニ・クレイン
  10. 本田真凜
  11. アレーヌ・シャルトラン
  12. ラーキン・オーストマン

詳細な採点は上の画像でご覧ください。

1位は地元カナダのオズモンド選手。

2位3位はロシア勢が固めています。

フリー第2グループにはみな表彰台の

可能性がある点差になっています。

日本勢で言いますと本郷理華選手が6位、

本田真凜選手が10位発進となっており

巻き返しが期待されます。本田選手は

初グランプリシリーズを楽しんで、

フリーを滑って欲しいですね。

スポンサードリンク

グランプリシリーズ2017カナダ杯女子フリースティング(FS)の滑走順・得点は?

グループ1

選手名 得点
1  本田真凜  日本  125.64
2  アレーヌ・シャルトラン  カナダ  87.66
3  ラーキン・オーストマン  カナダ  81.77
4  カイラニ・クレイン  オーストラリア  88.07
5  ロリーヌ・ルカヴァリエ  フランス  107.35
6  アシュリー・ワグナー  アメリカ  122.37

本田選手はノーミス!ガッツポーズも

出ましたね。アンダーローテがありましたが

全体の流れも良かったし、ショートのミスを

引きずらないメンタルの強さも見えました。

精度を上げていけば表彰台狙えますね。

グループ2

選手名 得点
1  カレン・チェン  アメリカ  108.63
2  本郷理華  日本  114.74
3  コートニー・ヒックス  アメリカ  118.51
4  マリア・ソツコワ  ロシア  126.42
5  ケイトリン・オズモンド  カナダ  136.85
6  アンナ・ポゴリラヤ  ロシア  87.84

本郷選手はほぼノーミスだ!と思ったら

得点が伸び切らず。5個もダウングレード

食らっていました。今大会少し厳しい?

大きく素敵な演技だったと思います。

後は精度向上ですね。

スポンサードリンク

グランプリシリーズ2017カナダ杯女子フリースティング(FS)の結果・順位は?

  1. ケイトリン・オズモンド
  2. マリア・ソツコワ
  3. 本田真凜
  4. アシュリー・ワグナー
  5. コートニー・ヒックス
  6. 本郷理華
  7. カレン・チェン
  8. ロリーヌ・ルカヴァリエ
  9. カイラニ・クレイン
  10. アンナ・ポゴリラヤ
  11. アレーヌ・シャルトラン
  12. ラーキン・オーストマン

得点の詳細は上の画像で見て下さい。

1位は地元カナダのオズモンド選手でした。

1人だけ130点台です。衣装、演技ともに

凄く彼女に合っていましたね。

本田選手はショートのミスを引きずらず

巻き返してフリー3位でした。

アンダーローテとられなかったら

フリー1位の可能性も無くはなかったし、

今後に期待が持てますね。

本郷選手は6位でした。もう少し伸びても

良さそうに感じたのは個人的な好みの

せいかもしれませんね。今回のジャッジは

皆に割と厳しめに感じました。

スポンサードリンク

グランプリシリーズ2017カナダ杯女子の結果・順位は?

順位 名前 国名 SP FS
1  ケイトリン・オズモンド  カナダ  1  1
2  マリア・ソツコワ  ロシア  3 2
3  アシュリー・ワグナー  アメリカ  7  4
4  コートニー・ヒックス  アメリカ  4  5
5  本田真凜  日本  10  3
6  本郷理華  日本  6  6
7  カレン・チェン  アメリカ  5  7
8  ロリーヌ・ルカヴァリエ  フランス  8  8
9  アンナ・ポゴリラヤ  ロシア  2  10
10  カイラニ・クレイン  オーストラリア  9  9
11  アレーヌ・シャルトラン  カナダ  11  11
12  ラーキン・オーストマン  カナダ  12  12

優勝は地元カナダのオズモンド選手でした。

ショート・フリーともに1位で文句なし。

アメリカのワグナー選手がフリーで

巻き返して3位に入っていますね。

日本勢では本田真凜選手がショート10位と

出遅れたものの、渾身のフリーで5位に

入っています。浅田真央さんもそうでしたが

フリーで巻き返すのは日本の人気選手の

伝統文化か何かかな?

シニアデビュー年、グランプリデビュー戦で

善戦したと思いますし、ショートのミスを

引きずらないメンタルも見せてくれました。

今後の成長に期待ですね。

スポンサードリンク

グランプリシリーズ2017カナダ杯男子の結果・順位は?

グランプリシリーズ2017カナダ大会男子の結果・滑走順、出場選手・得点は?【宇野昌磨・パトリックチャン】
こんにちは、ぽこぱぱです。 フィギュアスケートのグランプリシリーズが ロシア杯から始まりました。ロシアの次は カナダ大会(...

グランプリシリーズ2017ロシア大会の結果・順位は?

グランプリシリーズ2017ロシア大会男子の結果・滑走順、出場選手・得点は?【羽生結弦vsネイサンチェン】
こんにちは、ぽこぱぱです。 フィギュアスケートのグランプリシリーズが 10月から始まります。2017ー2018の シリーズ...
グランプリシリーズ2017ロシア大会女子の結果・滑走順、出場選手・得点は?
こんにちは、ぽこぱぱです。 フィギュアスケートのグランプリシリーズが 10月から始まりました。2017ー2018の シリー...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする