パーカーホ(Wiki)味は?釣り方の動画や稚魚の値段、飼育方法も!【メコン川のシャム鯉】

こんにちは、ぽこぱぱです。

「巨大生物」ロマンを感じる言葉ですね。実際見ると結構引くけど。

今回はそんな巨大生物の1つ「パーカーホ(シャム鯉)」について取り上げたいと思います。

このパーカーホ、何かといいますとめっちゃバカデカイ魚です。

こーんな大きい魚で最大3mにもなるそうです。

一体どんな魚なんでしょうか。一緒に見ていきましょう。

スポンサードリンク

パーカーホとは

パーカーホはコイ亜科に属する大型の淡水魚の一種で、コイ目で最大の魚です。

主にのタイ近辺のメコン川、メークローン川、チャオプラヤー川に生息します。

パーカーホの特徴

淡水魚で最大級の大型種であり、コイ科で最大の種です。

最大3m、300kgになると言われていますが、最近はそこまでの大物は取れていません。

一般にメスの方大きくなります。頭部が大きく、鯉の仲間ですがヒゲはありません。

パーカーホの生態

餌は植物食。

植物プランクトンのような小さな植物や、藻類、海草、水に落ちたの果実等を食べます。

よくそれで100キロ超えられるものだと思いますが、人間でもベジで巨漢っていますよね。

成魚は普段はオスとメスがペアで行動し、大きな河川にいますが、雨季には運河や氾濫原や浸水林に移動します。

繁殖可能な成魚になるまでに約7年かかります。

スポンサードリンク

パーカーホは美味しい?味は?

味は美味しいそうですがそもそもなかなか捕れません。

メコン川流域の住人の間でパーカーホの肉は昔からごちそうであり、酢漬けなどの料理の食材として人気が高いそうです。

ただ、メコン川って大体土色しているので余り個人的には食べたいとは思えませんね。

なんとなく泥臭そうです。日本でも鯉を食べる地域は減りましたよね。

パーカーホを釣るには?

基本的に野生のパーカーホはほとんど釣れません。レアです。

乱獲や水質汚染で絶滅危機に瀕しているそうです。

ですので釣り堀で釣ります。タイにはそんな釣り堀というか池があるのです。

ブンサムラン湖(Bungsamran Fishing Park)というところで運が良ければ釣ることがきます。運が物を言います。

ソフトボール大くらいの餌を使って釣るんですが、こんな感じです。

このサイズでこのファイトだと、300キロクラスはどうすればいいんだろうか。

私もカツオを釣ったことがありますが、10キロくらいだったかな?死ぬほど重かったです。

スポンサードリンク

日本で飼育できる?稚魚の値段は?

熱帯魚として飼育できます。熱帯の魚なので池に鯉のように離すと冬に死にます。

家の中で水槽で飼いましょう。値段は1匹500円くらいで売っています。

生き餌や人工飼料も順応して食べます。幼魚期は痩せやすいのでこまめな餌が必要です。

最終的には大きくなりますので、規模の大きい設備が必要になります 。

まとめ

世界最大の淡水魚「パーカーホ」についてザクっとまとめてみましたがいかがでしょうか。

タイにはよくきますがなかなか釣りはしないのでいつかトライしてみたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする