ルーマニアのジャマナ(汚染村)の猛毒湖(血の湖)の画像や原因は?チャウシェスクの遺産?

こんにちは、ぽこぱぱです。

TBSのバラエティ班、特に冒険系の

はっちゃけぶりは凄いですね。

6月13日放送の「水トク!」では

「立入禁止の向こう側!ココから先は人間NG」

として日本の最新技術で危険地帯を

潜入調査します。

今回はその番組で取り上げられた

ルーマニアの「汚染村ジャマナ」について

見ていきたいと思います。

ルーマニアの汚染村「ジャマナ」の危険湖(血の湖)の理由は?【写真あり】

世界中で問題になっている環境汚染。

そのなかでも最悪クラスの環境汚染が

されている地域の一つとして

ルーマニアの村、ジャマナがあります。

ルーマニアの北西部に位置するジャマナ。

ここはかつて独裁者のチャウシェスクが

強引な政策を行った結果、国民を虐げ、

この地域でも環境汚染が深刻化し、

ゴーストタウンになった場所です。

ちなみに「世界の廃墟図鑑」という

本にも載っています。

このジャマナには真っ赤な湖があります。

血の湖といっても良いような赤色ですが

これは工業排水により一つの村が湖の底に

沈んでしまったんだとか。写真を見ても

分かりますが教会が沈んでいますね。

なんでも、近くの銅の採掘現場から

汚染水が垂れ流されてできたようで、

銅だけでなく有毒物質が入っているため

非常に危険な湖となっています。

元々は1000人以上が住む村だった

ジャマナはもともとは1000人以上の

住民が住む村でした。ところが、

ルシアポエーニ鉱床が開発され、

1980年代から銅の生産が始まります。

そして、その生産を前に政府は村人達に

立ち退きを強いました。自然・環境や

国民よりも銅の生産、国力強化を

優先したということでしょうね。

銅の採掘・精製の際に出る産業廃棄物や

汚染水なども、コストを抑えるために、

垂れ流しにした結果、ジャマナの危険湖が

生まれたと考えられます。

銅は赤っぽいですし、銅自体も体に

摂取すれば毒となります。そして、

それを精製処理する際には危険物も

使いますので、あの赤い「血の湖」は

独裁者の遺産というだけでなく、

実際的な害のあるものになっています。

ちなみに同番組で出てきた危険スポットの

マルム火山についての記事はこちら

こんにちは、ぽこぱぱです。 バヌアツ共和国をご存知でしょうか? 南太平洋のシェパード諸島の火山島上に 位置する共和制国家で...

チャウシェスクとは?

  • 名前:ニコラエ・チャウシェスク
  • 生年月日:1918年1月26日 – 1989年12月25日

ジャマナの危険湖の原因となった

ルーマニアの独裁者チャウシェスク。

悪名高い独裁者として有名ですね。

ルーマニアの政治家で初代大統領にも

なった人物です。

1960年代から80年代にかけての

24年間に渡り、ルーマニア共産党政権の

頂点に立つ独裁者として君臨しました。

人口増加のために中絶の禁止を

行うなどしたことが有名ですが、

出口戦略がなかったために多くの孤児が

生まれ、「チャウシェスクの落とし子」

と呼ばれ社会問題にもなりました。

結局チャウシェスクは国を繁栄させる

ことはできず、ルーマニア革命により失脚。

政権は崩壊し、1989年に革命軍によって

公開の銃殺刑となりました。

赤い王朝―チャウシェスク独裁政権の内幕

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする