ガッテン(NHK)謝罪!番組内容や睡眠薬の名前や画像、動画は?医療現場から疑問!

こんにちは、ぽこぱぱです。

生活情報番組「ガッテン!」で行き過ぎ表現があったようです。

NHKは2月22日放送の生活情報番組「ガッテン!」で、「睡眠薬で糖尿病の治療や予防ができる」などの行き過ぎた表現で誤解を与えたとして、26日夜、番組のホームページに「深くお詫び申し上げます」との謝罪記事を掲載しました。

NHKには放送直後から「睡眠薬の不適切な使用を助長しかねない」と批判が寄せられていたといい、ネット上でも医療現場から問題を指摘する声が出ていると報じられていました。

スポンサードリンク

番組内容「睡眠薬で糖尿病の治療や予防」とは

問題の放送は「最新報告!血糖値を下げるデルタパワーの謎」と題して、熟睡で血糖値が改善することや必要な睡眠時間などについて医療研究の成果を交えて解説する内容。

熟睡中に脳から出る「デルタ波」という脳波に、血糖値を下げる効果がある、と紹介し、このデルタ波の「パワー」を強め、糖尿病を治療する効果があるとして紹介されたのがある「睡眠薬」でした。

番組では、糖尿病患者がこの睡眠薬を服用することで睡眠の質が向上し、「睡眠薬で糖尿病が治療できる」などと説明していた。

問題の睡眠薬は「ベルソムラ」

番組内で

「デルタパワーで血糖値を下げる新薬」

として紹介されたのは、製薬会社のMSDが2014年に発売した睡眠薬「ベルソムラ」でした。

番組に出演した医師は、この薬について「新しいので安全性が高い」と評価し、

「非常に副作用の心配が少なくなっていますので、糖尿病患者でもわりと気軽に飲める。睡眠障害の患者は糖尿病の発症率が2倍になるので、こういう薬剤を使うことで糖尿病の予防にもなる」

と話していました。ただ、医師の発言中には「副作用の心配は少なくなっていますが、医師の指示に従って服用してください」とのテロップが出ていました。

スポンサードリンク

ベルソムラで糖尿病治療はできる?

睡眠障害が糖尿病による血管障害の原因であるとする研究成果などは公表されているが、今回の「ガッテン!」の「睡眠薬が糖尿病の治療に効果的」というのは、論理に飛躍があるといった反応が出ています。

睡眠と血糖値に関係はあると言えますが、決して睡眠薬に『睡眠薬に血糖値を下げる』効果はありません。論理の飛躍です(糖尿病専門医)

といった意見や

生活習慣の面で、睡眠自体と糖尿病には間接的には関係がないとは言い切れないですが、睡眠薬と糖尿病には、ほとんど関係がないですよ。(精神科医)

などという医療関係者からの意見も出ています。

また、ベルソムラという睡眠薬の特徴について、要町病院の吉澤孝之院長は、

「これまでの睡眠薬と違って、自然に近い睡眠を促す薬ではありますが、飲んだからと言って必ずしも熟睡できるわけではありません」

とし。その上で、「糖尿病が改善したという話は聞いたことがない」とも話していました。

ガッテンの動画は?

YouTubeなどの動画サイトにはいくつか散見されましたが、公式による動画配信は見つけられなかったので記事内での紹介は差し控えます。

スポンサードリンク

まとめ

情報番組として長寿番組の「ガッテン!」の謝罪について、番組内容や問題の睡眠薬について簡単にまとめてみました。

情報番組は目新しさやキャッチーさが要るとはいえ、ちゃんとした裏付けが必要ですね

NHKなのですから、奇抜さよりも正確さを全面に出して欲しいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする