ラボードカメレオンのWiki風まとめ!寿命5ヶ月の理由は?日本で飼える?

こんにちは、ぽこぱぱです。

ラボードカメレオンという生き物をご存知ですか?

マダガスカルに生息する寿命がたった5ヶ月という超短命なカメレオンです

そんな儚い命のラボードカメレオンの生体について今回は調べてみました。

ラボードカメレオンとは

ラボードカメレオン(学名:Furcifer labordi)は、カメレオン科フサエカメレオン属に分類されるトカゲ。

生息分布はマダガスカル南部。

全長オス23-31センチメートル、メス15-25センチメートル。

オスは1本の角が入り、後頭部の突起が発達する。

また背面の正中線に沿って36本以上の刺状鱗が発達し鬣状に並ぶ。

オスの体色は緑色で、白い縦縞と緑褐色や暗緑色の横縞が入る。

メスの体色は緑色や黄緑色、青紫色。

頸部側面に赤い斑点、背面の正中線に沿ってオレンジ色の斑紋が入る。

超短命なラボードカメレオンの一生

ラボードカメレオンは冒頭に書いたが5か月しか生きない。

マダガスカルの雨季の始まる11月にラボードカメレオン

卵からかえり誕生する。生まれたてのサイズは体長約2㎝程度。

その後、1日に2.6 mmも成長しながら、2ヶ月後の1月上旬には

繁殖可能なサイズの8㎝程度に成長し、3月にはすでにメスが産卵を行う。

そして、乾季に入る4月にはすべての個体が死滅してしまう。

つまり、孵化後11月から3月の5か月の命なのです。

超短命な理由は?

マダガスカルは、雨季と乾季が大きく別れています。

多くの生き物たちは雨季に繁殖や成長を行い、

乾季は夏眠というものをして何とかしのいでいるのですが、

このラボーズカメレオン、過酷な乾季に生きることを避け、

寿命は短命になっても確実に子孫を残すことで、

「種」として生き残る戦略と考えられます。

つまり、厳しい時期は「死んでしまう」ことで、

環境と戦わずに解決してしまっているのです。

一般的な爬虫類が5~10年の寿命を持つのに比べて

このサイクルはかなり特異な例と言えます。

日本で飼うことはできる?

これまで流通したことは非常に少ないそうなのですが、

さまざまな環境に対する適応は高く、

カメレオンとしては飼育は難しくないそうです。

ただし、5か月の命なんですよねぇ。。。

急激な成長は見てて面白そうですが、早すぎます。

案外、日本で適応してしまうと寿命が延びて

普通のカメレオンぽくなるかもしれません。

ちなみにエサは普通に昆虫とかを食べます。

まとめ

マダガスカルに住む超短命なカメレオン「ラボードカメレオン」について

まとめてみましたがいかがでしたか?

恐らく四足動物の中でも最も寿命が短いと思われるラボードカメレオン。

その短命の理由は環境適応と種の保存だったわけですね。

このような特異な事例を見ると、生命とは凄いものだと改めて実感させられますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする