富士銀行行員顧客殺人事件の犯人岡藤輝光の画像や生い立ち、犯行動機や事件経緯は?

こんにちは、ぽこぱぱです。

最近は「奇跡体験アンビリーバボー」が

昔の事件などを取り上げることが多いな、

と思っています。意外と昔の事件って

今の制度が作られるきっかけになったり

してて興味深いものも多いんですよね。

さて、今回取り上げるのは1998年に

埼玉県宮代町の富士銀行で起こった

「富士銀行行員顧客殺人事件」です。

銀行員が顧客に手を掛けたこの事件。

その経緯や犯行動機、犯人について等

多角的に見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

富士銀行行員顧客殺人事件とは?事件の経緯は?

富士銀行行員顧客殺人事件とは、

1998年7月2日に埼玉県南埼玉郡宮代町で

発生した殺人事件のことです。銀行員が

顧客を殺害した事件として注目されました。

被害者は埼玉県でマッサージ店を営む

福田次郎さん(当時74歳)とその妻の

福田ツネさん(当時67歳)で、ご遺体の

発見は7月4日のことでした。

犯人の行員被害者夫婦の担当で、老夫婦は

犯人を懇意にしており、定期預金の5000万円の

運用を犯人である行員に預けます。

ところが行員はそのお金で別の運送業者へ

融資する「浮貸し」という不正な行為を行い

結果として2500万円の債務を負いました。

そんな折に転勤命令を受け、不正と債務の

発覚を恐れた犯人は、老夫婦を殺害。

犯人は遺体発見の4日後の7月8日に逮捕され、

強盗殺人罪で起訴されました。

スポンサードリンク

富士銀行行員顧客殺人事件の犯人の名前は岡藤輝光!顔写真(画像)は?

出典:http://spysee.jp

犯人の名前は「富士銀行春日部支店」に

務めていた岡藤輝光(おかふじてるみつ)

という男性でした。福田夫婦はいつも

顔を見せてくれる岡藤輝光を懇意に

していたとのことです。

岡藤輝光は犯行当時、大学時代に知り合った

妻と2人の子供という家庭のある父親でした。

バブル景気で銀行に就職するも、バブルの

崩壊により経済も銀行も冷え込んでいき、

お金のトラブルも多い時期でした。

ちなみに老夫婦は共に障害をもっており、

旦那様が全盲、奥様は背骨に障害をお持ち

でした。まずは婦人の肩を揉むふりをして

絞殺し、全盲で見えないながらも異変に

気づいた夫も口封じのために絞殺しました。

その後ガス爆発事故に見せかけようと

するも失敗。強盗に見せかけるために

夫妻の自宅内を荒らして去っています。

その際には夫婦宅にあった返済の意志を

裏書きして渡した名刺を持ち去っています。

逮捕後は殺人は認めましたが強盗については

否認しました。裁判にあたり検察側は死刑を

求刑しましたが、富士銀行側が遺族に対して

多額の賠償を支払う調停が成立していた為、

無期懲役となりました。

スポンサードリンク

富士銀行行員顧客殺人事件の犯人岡藤輝光の生い立ちや現在は?

福岡出身の岡藤受刑囚。

トラック運転手の父と母、3人兄妹という

家庭で育ちました。岡藤受刑囚は長男で、

下に弟と妹がいます。

高校は筑紫高校に進学し、ラグビー部に

所属しました。県大会で優勝、という

実力から大学には推薦で福岡大学に進学。

大学でもラグビー部に所属しており、

ラグビー部では部員からの評価は高く、

チーム思いの男として慕われていたそうです。

1989年に大学を卒業し、富士銀行に就職。

スポーツ枠での採用でした。1994年には

大学のラグビー部時代の3歳年下の

マネージャーをしていた女性と結婚をして、

子供も授かっています。

ちなみに2人殺害での日本での死刑率は

約80%とのことですが、岡藤受刑囚は

残りの約20%に属し、今現在も刑務所で

刑に服していると思われます。

スポンサードリンク

岡藤輝光の犯行動機は?

自身の行った「浮貸し」の発覚を恐れて

夫婦を殺害した岡藤受刑囚ですが、

何故そんなことをしてしまったのでしょうか。

当時バブル崩壊と共に刑期は低迷。

銀行も例外ではなく、不良債権の処理などに

追われ、新規の融資などは難しい状況でした。

そんな時に岡藤受刑囚はある運送会社から

融資を頼まれます。父親がトラックの

運転手をしていた岡藤受刑囚は、父親の姿と

融資を懇願する運送会社の社長とが

重なったためだと思われます。

そんな時に福田夫妻から運用を頼まれた

5000万円に目をつけ、運送業者に融資する

「浮貸し」という不正行為を行ったのです。

最初は回収可能と見込んでいましたが、

逆に2500万円の債務を負うことに。

そんな折に富士銀行春日部支店から本店に

「栄転」の辞令が下されました。

自身の不正の発覚を恐れた岡藤受刑囚は

老夫婦の殺害を決意したのでした。

スポンサードリンク

まとめ

富士銀行行員顧客殺人事件について、

事件経緯や犯人の生い立ちや動機について

色々とまとめてみました。

顧客のお金を自分の都合で動かし、

その発覚を恐れて殺害する、という

身勝手な事件だと思われます。

殺害方法も、老夫婦の障害につけ込み

夫が全盲で見えない事がわかっていて

順番に殺害するという冷酷さが

ゾッとしてしまいます。

行員による不正などはたまにニュースでも

見かけますが、このようなことが起こせない

システムづくりが必要でしょうね。

ちなみにこの事件については9月14日の

「奇跡体験アンビリーバボー」で

取り上げられるそうですので、

こちらも注目です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする