越冬紅みかん(善兵衛農園)や甘平の通販お取り寄せや井上信太郎の経歴は?【マツコの知らない世界】

こんにちは、みかん好きのぽこぱぱです。

1月23日の「マツコの知らない世界」では

「みかんの世界」ということで、

東大生の清原裕太さんがみかんの魅力に

ついて熱く語るそうで、俺得回です。

その中で出て来るおすすめのみかんが

非常に美味しそうだったのですが、

更には生産者の男性もイケメンさん。

どんなみかんで、どんな味で、

どんな生産者なんだろう、と気になったので

調べていきたいと思います。

越冬紅みかんとは?

「紅みかん」は温州みかんの品種の中でも

珍しい「紅い」みかんです。引き締まった

果肉は甘みと酸味のバランスが絶妙です。

本来は紅みかんは早生の秋の味覚で、

11月~12月くらいに出回りますが

「越冬紅」はこれを樹上で完熟させた

プレミアムなみかんになります。

越冬完熟さぬき紅みかん(小原紅早生) 約3kg Mサイズ(約30個入) 香川県産
by カエレバ

越冬紅は鳥や寒さから果実を守るために

二重袋をかけて木熟させています。

その味は秋の紅 みかんよりも味が濃厚になり

袋の皮が薄くぷるぷるした食感になります。

越冬紅みかんの通販お取り寄せは?

越冬紅みかんは樹上完熟させます。

越冬させることは木にストレスをかける

ことになるので沢山作ることはできません。

管理や手間もかかりますので、

出荷できる数量には限りがあります。

価格も通常のものよりは高くなりますが

それでもプレミアムなみかんと聞くと

一度試してみたくなりますね。

甘平とは?

マツコの知らない世界で清原さんが

紹介するであろう甘平(かんぺい)という

品種についても触れていきます。

甘平は愛媛オリジナルの新品種で

「西の香」に「ポンカン」を交配して

生まれました。

形は扁平で、果皮の色は橙色です。

特徴は糖度が高く、酸味が低いので、

非常に強い強い甘さを感じることと、

外皮が非常に薄い点です。

種苗登録が2007年となっており、

まだまだ数も少なくなっており、

高級柑橘の一つといえます。

我が家でも購入したことがありますが

凄く皮が薄くて甘かったですね。

大方は子供にたべられてしまいました。

善兵衛農園のみかん

「マツコの知らない世界」に出てくる

越冬紅を作っているのは、和歌山県の

善兵衛農園というみかん農園です。

高級ブランドの「田村みかん」を

作っている農園で、みかんだけじゃなく、

びわやレモン、ジュースも作っています。

農園のホームページから、越冬紅の

注文(予約)もできますよ。

善兵衛農園の井上信太郎がイケメン!経歴・プロフィールは?

  • 名前:井上信太郎(いのうえ しんたろう)
  • 生年月日:1991年
  • 年齢:27歳?
  • 出身:和歌山県
  • 大学:和歌山大学観光学部卒業
  • 趣味:バイク(中型)でツーリング

マツコの知らない世界にも少し出演した

善兵衛農園のイケメン井上信太郎さんは

7代目として2016年より就農しています。

元々は公務員として町を活性化させる

仕事をしたいと思っていましたが、

信太朗さんの年には募集がなかったため

農業を通じて学んだ知識を活かそうと

実家の農園に就農しました。

こういう若くて地域振興をしたいと

考えている人って、人との繋がりを使って

イノベーションを起こせる可能性を

持っているので頑張って欲しいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする