ディズニーの英語システム(DWE)の価格一覧!セット内容を徹底解説!

「英語教育」

お子様のいるご家庭なら気になりますよね?

我が家は1歳からワールドファミリー

「ディズニーの英語システム(DWE)」

始めました。

始めるにあたって色々と調べたのですが

関心事として金額(コスト)がありました。

これから始めようという方のため、

どうしようかな、と悩んでる方のため、

購入時に知った情報を公開したいと思います。

情報は2016年の年末時点のものです。

スポンサードリンク

ディズニーの英語システム推奨パッケージ価格

それぞれの項目の中身は

下の項目でご説明しますが、

世の中に主に出ている価格表は

こんな感じだと思います。

なかなかのお値段ですよね。

中古でもネットに出ていますが、

そちらもなかなかの金額です。

私が貰った資料もこんな感じでしたが、

全て「推奨パッケージ」となっています。

以前あった「グーフィーパック」は

無かったです。

初回のみですがシングアロング以上を

契約時にプレイアロングが付いてきます。

ですので実質シングアロングが

グーフィーパックですね。

口コミをみると、

ワールドファミリーパッケージを

購入したという方が多いのかな?

ディズニーの英語システムその他のパッケージ価格

推奨パッケージばかりが出てきますが

実はそれ以外のパッケージもあります。

赤ちゃん用パック(for baby)というんでしょうか。

我が家はこちらのタイプのセットを

選択しました。

パッケージの価格表はこちらです。

こちらのパックにはメインプログラムの

ステップバイステップが付いていません。

メインプログラムの

絵本やCDは付いてきますが

おもちゃやDVDが付いてこず、

CAPと言われるプログラムも

ほんの一部の参加となります。

我が家がこちらを選んだ理由は、

子供が小さく、CAPプログラムを

やるまで英語システムを使い続けるか

不安だったためです。

使い続けると決めているのであれば

最初から推奨パックの方が割安です。

後から単品で買うと割高なんですよね。

スポンサードリンク

ディズニーの英語システムの教材の中身は?

しまじろうでおなじみのこどもちゃれんじは

毎月色々と送られてくるようですが

DWEの中身は一度に購入するタイプです。

内容は全部で以下になります。

  • プレイアロング(P)
  • シングアロング(S)
  • ストレートプレイDVD(D)
  • トークアロング(T)
  • メインプログラム(M)
    • DWEブック・CD
    • ステップバイステップ
  • ミッキーマジックペンセット(G)
  • ミッキーマジックペン ・アドベンチャー(A)
  • Q&Aカード(Q)
  • レッツプレイ(L)

それぞれの内容について

触れていきたいと思います。

残念ながら著作権の都合上、

ディズニーキャラのものは載せられないので

文字ばかりとなり申し訳ありません。

プレイアロング

対象年齢0~3歳です。

DVDと16種類のおもちゃのセットです。

コンセプトは「Learning by doing」

やって覚える体験型のものです。

中学で習う英文法を網羅しています。

我が家ではDVDはかけ流して、

おもちゃは普段遊ぶ用にしています。

種類も多いので、お子様が気に入るものが

あると思いますよ。

カップと果物は鉄板です。

シングアロング

絵本、CD、DVDのセットです。

ディズニーキャラクターや外国の子供が

歌ったり、踊ったりしています。

日常会話のフレーズを歌詞にしており、

歌で英語を覚えることが出来ます。

高校で習う基本的な文法が含まれており、

楽しみながら覚えることが出来ます。

我が家ではDVDは普段かけ流して、

食事中はCDをかけています。

絵本はもう少ししたら使おうかな。

プレイアロングDVDは40分位の長さですが、

こちらは字幕有り、字幕無し、カラオケ版で

1時間半くらいになりますので

プレイアロングよりも長持ちします(笑)

スポンサードリンク

ストレートプレイDVD

ミッキーと仲間たちによる色々な出来事が

12枚のDVDに物語や歌で収録されています。

お話の登場人物の動作や言葉の意味を

映像を見ながら理解できます。

DWEの絵本をアニメ化しているので、

学習の際には主に使うことになるでしょう。

こちらの中身はDWEブック&CD、

シングアロング、トークアロングカードと

連動しています。

収録時間は約30分です

トークアロング

『ディズニー英語システム』のお話しに

でてくる単語が学べるプログラムです。

お話しの中で出てくる単語が

音声カード(トークアロングカード)に

書かれていて、専用の再生機(プレイメイト)に

カードを通すと、単語や文が再生されます。

録音機能もついている優れもの。

構造としてはバーコードリーダーと

MP3プレーヤーですね。

子供はとにかくカード好きなので

早い段階から意図していない遊び方で

遊ぶことでしょう(笑)

スポンサードリンク

メインプログラム

メインプログラムは大きく2つに別れます。

DWEブック・CD

「ディズニーの英語システム」の絵本の朗読CDや、

歌が収録されています。

物語を聞いていながら、英語の文型や文法が

自然と覚えられる仕組みになっています。

こちらも我が家ではかけ流しています。

ステップバイステップ

学習のアウトプットです。

ぬりえやゲームのようなアクティビティを

通して学んだ英語を自分の言葉として

定着させるプログラムです。

DVDには、子供が一人でも勉強が出来るように、

工夫がされています。

レベルに合わせて使うことが出来ます。

実際にセールスによる説明の際に

サンプルを触らせてもらいましたが、

こちらは小さくても1歳半からくらいかな、

という感想でした。

アウトプットの場は学習においては

とても大切なので、このまま娘が

DWEを続けていけば後々買うことに

なると思います。

他のプログラムでインプットした成果を

体感させてあげたいですからね。

ちなみにこちらがないと、

DWEの「CAP」というプログラムへの

本格参加は出来ません。

ミッキーマジックペンセット

マジックペンで絵本にタッチすると

ミッキーたちが歌ったり話しかけてきます。

ペンはミッキーとミニーを選べます。

質問にペンで絵をタッチして答えるなど、

ゲームやクイズも楽しめます。

絵本だけでなくカードも有り、

外出時のおもちゃとしても、

自宅用のおもちゃとしても

なかなかに優秀だと思います。

構造はICタグとMP3プレーヤーでしょうか。

ママも一緒になって楽しんでいます。

スポンサードリンク

ミッキーマジックペン ・アドベンチャー

ミッキーマジックペンセットの上位版。

さらに沢山のアクティビティが有り、

語彙や表現の幅が広がります。

マジックペンセットだけで飽きた頃に

投入すると新たな刺激になって

良さそうですね。

Q&Aカード

トークアロングカードの応用版です。

ディズニーの英語システムで学んだ単語や構文を

さらに理解できるようにつくられたカードです。

形も四角形だけじゃなくて三角形や五角形の

ものもあったりと遊び要素も忘れてません。

カードには、500問以上の疑問文と

2,000文以上の答えが収録されています。

生活に密着したテーマもたくさん入っています。

レッツプレイ

レッツプレイは他のプログラムでで学んだ

英語力を使って、体験を通して英語を

身に付けるプログラムです。

外国の子供たちと一緒に、工作や実験が

出来るDVD内容が収録されています。

こちらも体験型アウトプットとなっており、

高価なおもちゃと言ってもいいでしょう。

まとめ

ディズニーの英語システム(DWE)の

価格一覧とセット内容の解説でした。

文字ばかりになり申し訳ありません。

画像についてはDWEのHPをご確認下さいね。

とにかくDWEのセットは複雑になっています。

何がほしいのか見極めて、

予算とやりたいことと相談して決めるのが

いいかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする