デヴィ夫人とアランドロンの熱愛?馴れ初めは?亡命先のフランスで東洋の真珠と美男俳優は「特別な関係」

こんにちは、ぽこぱぱです。

デヴィ夫人ていつからテレビで

見るようになりましたかね?

最初は「なんだこのトンチキな人」と

思いましたが、やっぱり今も

たまに変な人だなぁと思います。

そんなデヴィ夫人、かつては東洋の真珠と

言われるほどの美貌を持って世の男性を

虜にして来たそうですよ。

お付き合いした男性の中には

あの「アラン・ドロン」もいたとか。

どんなきっかけだったんでしょうね。

スポンサードリンク

デヴィ夫人の経歴・プロフィール

  • 名前:デヴィ・スカルノ(Dewi Sukarno)
  • 本名:ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ
  • 旧名:根本 七保子(ねもと なおこ)
  • 生年月日:1940年2月6日
  • 年齢:77歳
  • 出身:東京都
  • 国籍:インドネシア
  • 職業:タレント

デヴィ夫人は日本生まれの

インドネシア国籍のタレントです。

インドネシアのスカルノ元大統領第3夫人です。

デヴィ夫人の生い立ち

父・母・弟のいる貧しい家庭で育ち、

中学卒業後は、三田高等学校定時制部に

進学すると同時に、千代田生命保険入社。

貧しい家計を助けるため

休日もアルバイトをしていました。

高級クラブからスカルノ大統領愛人~結婚

1956年にお父様が亡くなり高校を中退。

赤坂の高級クラブ「コパカバーナ」で

働いていました。

1959年に、インドネシアへの開発援助に伴い

「東日貿易の秘書」という名目で、

スカルノ大統領のもとへ。

3年間の愛人期間を経て、1962年に正式に

スカルノ大統領と結婚しました。

スポンサードリンク

スカルノ大統領失脚~デヴィ夫人は出産後フランスに亡命

1965年の軍事クーデターでスカルノ大統領が失脚。

1967年にスカルノ大統領の8番目の子供、

カリナをちゃんを出産します。

その後デヴィ夫人とともにフランスへと亡命しました。

フランス社交界の「東洋の真珠」

閉鎖的なフランス社交界でもその美貌から

「社交界の華」「東洋の真珠」と呼ばれ

多くの要人、有名人と関係を持ったとされます。

スペイン人のフランシスコ・パエサ氏、

フランス貴族のエルゼアル・ド・サブラン=ポントヴェスなどと

交際と婚約などしましたが破局しました。

スポンサードリンク

アラン・ドロンとも交際

1960年代後半、デヴィ夫人は

人気俳優のアラン・ドロンさんと

知り合い「特別な関係」になったそうです。

パリの高級料理店「マキシム」で、

仲良さそうに食事デー トをする姿もあったとか。

馴れ初めは多分社交界なのでしょうね。

アメリカの俳優ウォーレン・ベイティと

交際していたこともあったとか。

今のお姿からは想像できませんが、

本当に美しかった恋多き女なのですね。

まとめ

貧しく育ったにも関わらず

インドネシアの大統領に見初められ、

シンデレラストーリーを

駆け上がっていったデヴィ夫人。

社交界には知性も必要なので

さぞ努力をしていたのでしょう。

アラン・ドロンさんなどの

多くの著名人と浮き名を流しましたが

結局再婚はしていません。

一人に縛られたくないのでしょうか。

今なお若々しさを保っているのは

そんな奔放な性格によるものかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする