アブルバジャンダル(ツリーマン)の画像や家族(妻子)は?手術で完治?再発はしない?

こんにちは、ぽこぱぱです。

体の皮膚が木の皮のようになってしまう

疣贅(ゆうぜい)状表皮発育異常症を

ご存知ですか?ツリーマンというと

ピンとくる方もいるかと思います。

今回ご紹介するのは、そんな難病を

手術によって取り除いたバングラディシュの男性

アブル・バジャンダルさんです。

一体どんな方なのでしょうか?

スポンサードリンク

アブル・バジャンダル(ツリーマン)の経歴・プロフィール

  • 名前:アブル・バジャンダル(Abul Bajandar)
  • 生年月日:不明
  • 年齢:27歳
  • 国籍:バングラデシュ
  • 羅患:疣贅(ゆうぜい)状表皮発育異常症

アブル・バジャンダルさんは手足に

木の皮のようなイボが生じたために

「ツリーマン(樹木男)」と呼ばれていました。

イボは10年以上前から出来始め、

人力車の運転手として働いていたバジャンダルさんは

病院に行ったところ、コレが病気とわかりました。

ツリーマンは病気の疣贅(ゆうぜい)状表皮発育異常症

病名は疣贅(ゆうぜい)状表皮発育異常症。

ヒトパピローマウイルスの感染によって、

膚の角質が白くフケのようになったものや

イボが多発し、全身に拡大する疾患です。

人間なら誰にでも感染する病気だそうでが、

抵抗力があるので、小さなイボが出来る程度。

ですが、ツリーマンは抵抗力の異常が原因で、

イボが増え続けているそうです。

スポンサードリンク

アブル・バジャンダルの家族(妻子)は?

アブル・バジャンダルさんはこの奇病に

苦しみながらも結婚をして子供もいます。

テヘラちゃんという3歳の娘さんです。

バジャンダルさんはその手足が木の皮のように

なっているので、可愛い盛りの娘さんを

抱くことができなかったそうです。

同じく娘を持つ父親として、

こんな辛いことは無いですね。

出張で数日会えないだけでも嫌なのに(笑)

16回の手術でイボを除去

バジャンダルさんの病状は進行し、

イボは合計5キロにもなっていました。

バジャンダルさんは1年前から治療を

受けるようになり、16回の手術で

これらのイボを除去しました。

画像ではかなりイボはなくなっていますね。

バジャンダルさんはその手で娘さんを抱ける

ようになり、遊べるようにもなったのです。

長く苦しめられたものから開放されたので

夢のようでしょうね。

スポンサードリンク

バジャンダルさんは完治した?再発は?

治療に当たっているダッカ医科大学病院の

形成外科部門サマンタ・ラール・セン氏は、

バジャンダルさんの回復は

「医学の歴史における画期的出来事」と、

その意義を強調しています。

疣贅(ゆうぜい)状表皮発育異常症は

免疫系の疾患によるものなので、

またツリーマンのようにイボが出来ないとは

言い切れません。

治療したセン氏によると、

もしイボが再発しなければ世界初の

疣贅状表皮発育異常症の完治例になるとのこと。

是非ともそうなって欲しいですね。

まとめ

疣贅状表皮発育異常症という奇病のせいで

ツリーマンと呼ばれバジャンダルさんは

言葉に出来ないほど過酷な生活だったでしょう。

それが今は可愛い愛娘を自分の足に乗せて、

手で自分の手で抱けるようになっています。

バジャンダルさんが是非とも完治の

第一例になって欲しいものです。

ちなみに病院はバジャンダルさんに

無料で治療を提供しています。

研究や宣伝などの背景もあるかと思いますが、

金銭的には助かるでしょうね。

このような奇病には1病院だけでなく

もっと広い支援によって治療が

確立されることを願うばかりです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする